盗難にあった場合の解決方法

コンピュータやデバイスが紛失・盗難にあった場合は、それらを紛失中に設定します。このステータス変更を、ESET アンチセフト Webインタフェースから行うには、紛失中のデバイスを選択し、[ステータス]をクリックして、[紛失中に設定]をクリックします。

ESET アンチセフトは、架空アカウント(Windowsデバイスのみ)を除くすべてのアカウントへのアクセスを禁止し、[アクティビティ]メニューで表示できる通常のカメラ写真とスクリーンショットの撮影を開始します。

デバイスを盗難・紛失されたものとする場合は、デバイスを選択して[紛失中に設定]をクリックします。

ANTITHEFT_WEB

次のアクションが行われます。

デバイスのステータスが紛失に設定されたことを通知する電子メールが送信されます。

紛失したコンピュータまたはデバイスがオンラインになると、ESET Internet Security、ESET Smart Security Premium、ESET Mobile Securityは、定期的に情報を記録します。このデータは、[アクティビティ]タブで確認できます。

紛失したデバイスは、オンラインになってから2、3分以内に自動的に再起動します。

架空Windowsアカウントが存在する場合、デバイスはこのアカウントを既定のアカウントとして使用し、自動的にログインします。これによって、誰かが他のユーザーアカウントにログインしたり、ユーザーデータにアクセスできなくなります。

note

備考

[テストの実行]をクリックして、デバイスを紛失中に設定すると、どのような処理が行われるかを、事前に確認してください。

 

重要な推奨事項

紛失・盗難によって生ずる損害を減らすため、次の作業を行うことを強くお勧めします。

ESET HOMEアカウントの詳細情報を他人に教えないでください。これは、ESET アンチセフト Web にログインするためのユーザー名とパスワードの事です。Webブラウザーにログイン資格情報を保存しないことをお勧めします。

電子メールアカウントのパスワードの変更 - 特に、Outlook ExpressやMozilla Thunderbirdなどの電子メールプログラムを使用している場合や、WebブラウザにWebメール(Gmailなど)のパスワードを保存している場合は行ってください。

インターネットバンキングのパスワードを変更し、不審な取引がないか、銀行口座を確認してください。

参加するソーシャルメディアすべてのパスワードの変更 - これは主に、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークに関するものです。

 
このコンピューターを通常状態に戻すには、紛失中を解除をクリックします。デバイスが再起動し、通常のユーザーアカウントが再度アクティベーションされます。

note

備考

既定の監視期間は14日間です。有効期限の5日前には、デバイスのステータスを確認するように指示する電子メールがESETから送信されます。

デバイスのIP地理位置情報

デバイスの場所に関する情報を入手できない場合でも、次のオンラインサービスを使用してデバイスから取得したIPアドレス([IPアドレス]タブを参照)によって場所の特定を試みることはできます。www.who.is

デバイスが盗まれた場合は、法執行組織の支援を受け、検出された公開IPアドレスのインターネットサービスプロバイダーが、NATの後のプライベートIPアドレスを使用してデバイスを検索する際に役立つ場合があります(インターネットから表示されません)。