コマンドラインインストール

コマンドラインを使用してローカルでESET Endpoint Securityをインストールするか、ESET PROTECTからクライアントタスクを使用してリモートでインストールできます。

サポートされているパラメータ

APPDIR= <path>

  • path - 有効なディレクトリパス
  • アプリケーションインストールディレクトリ。

APPDATADIR= <path>

  • path - 有効なディレクトリパス
  • アプリケーションデータインストールディレクトリ。

MODULEDIR= <path>

  • path - 有効なディレクトリパス
  • モジュールインストールディレクトリ。

ADDLOCAL= <list>

  • コンポーネントインストール - ローカルでインストールされる必須以外の機能のリスト。
  • ESET .msiパッケージでの使用方法: ees_nt64_ENU.msi /qn ADDLOCAL=<list>
  • ADDLOCALプロパティの詳細については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa367536%28v=vs.85%29.aspxを参照してください。

ADDEXCLUDE= <list>

  • ADDEXCLUDEリストは、インストールされないすべての機能名のカンマ区切りのリストであり、古いREMOVEに代わるものです。
  • インストールしない機能を選択するときには、パス全体(すべてのサブ機能など)と関連する非表示の機能を明示的にリストに含める必要があります。
  • ESET .msiパッケージでの使用方法: ees_nt64_enu.msi /qn ADDEXCLUDE=Firewall,Network

note

ADDEXCLUDEADDLOCALとともに使用できません。

適切なコマンドラインスイッチで使用されるmsiexecバージョンについては、ドキュメントを参照してください。

ルール

  • ADDLOCALリストは、インストールされるすべての機能名のカンマ区切り値リストです。
  • インストールする機能を選択するときには、パス全体(すべての親機能)が明示的にリストに含まれる必要があります。
  • 正しい使用方法については、追加ルールを参照してください。

コンポーネントと機能


note

ADDLOCAL/ADDEXCLUDEパラメーターを使用したコンポーネントインストールは、ESET Endpoint Antivirusで動作しません。

機能は4つのカテゴリに分類されます。

  • 必須 – 機能は常にインストールされます。
  • オプション – 機能の選択を解除して、インストールされないようにすることができます。
  • 非表示 – 他の機能が正常に動作するために必要な論理機能。
  • プレースホルダ - 製品には影響がない機能。ただし、サブ機能とともにリストに含まれます。

ESET Endpoint Securityの機能セットは次とおりです。

説明

機能名

機能親

存在

基本プログラムコンポーネント

Computer

 

プレースホルダ

検出エンジン

Antivirus

Computer

必須

検出エンジン/マルウェア検査

Scan

Computer

必須

検出エンジン/リアルタイムファイルシステム保護

RealtimeProtection

Computer

必須

検出エンジン/マルウェア検査/ドキュメント保護

DocumentProtection

Antivirus

任意

デバイスコントロール

DeviceControl

Computer

任意

ネットワーク保護

Network

 

プレースホルダ

ネットワーク保護/ファイアウォール

Firewall

Network

任意

ネットワーク保護/ネットワーク攻撃保護/...

IdsAndBotnetProtection

Network

任意

安全なブラウザー

OnlinePaymentProtection

WebAndEmail

任意

Webとメール

WebAndEmail

 

プレースホルダ

Webと電子メール/プロトコルフィルタリング

ProtocolFiltering

WebAndEmail

非表示

Webと電子メール/Webアクセス保護

WebAccessProtection

WebAndEmail

任意

Webと電子メール/電子メールクライアント保護

EmailClientProtection

WebAndEmail

任意

Webと電子メール/電子メールクライアント保護/電子メールクライアント

MailPlugins

EmailClientProtection

非表示

Webと電子メール/電子メールクライアント保護/迷惑メール対策保護

Antispam

EmailClientProtection

任意

Webと電子メール/Webコントロール

WebControl

WebAndEmail

任意

ツール/ESET RMM

Rmm

 

任意

アップデート/プロファイル/アップデートミラー

UpdateMirror

 

任意

ESET Inspectプラグイン

EnterpriseInspector

 

非表示

グループ機能セット:

説明

機能名

機能の存在

すべての必須機能

_Base

非表示

すべての使用可能な機能

ALL

非表示

追加ルール

  • WebAndEmail機能がインストールに選択されている場合、非表示のProtocolFiltering機能をリストに含める必要があります。
  • すべての機能の名前は大文字と小文字を区別します。たとえば、UpdateMirrorはUPDATEMIRRORと同じではありません。

構成プロパティのリスト

プロパティ

機能

CFG_POTENTIALLYUNWANTED_ENABLED=

0 - 無効
1 - 有効

PUA検出

CFG_LIVEGRID_ENABLED=

以下を参照

以下のLiveGridプロパティを参照

FIRSTSCAN_ENABLE=

0 - 無効
1 - 有効

インストール後にコンピューターの検査をスケジュールして実行

CFG_PROXY_ENABLED=

0 - 無効
1 - 有効

プロキシサーバーの設定

CFG_PROXY_ADDRESS=

<ip>

プロキシサーバーIPアドレス

CFG_PROXY_PORT=

<port>

プロキシサーバーポート番号

CFG_PROXY_USERNAME=

<username>

認証用のユーザー名

CFG_PROXY_PASSWORD=

<password>

認証のパスワード。

ACTIVATION_DATA=

以下を参照

製品のアクティベーション、製品認証キー、またはオフラインライセンスファイル

ACTIVATION_DLG_SUPPRESS=

0 - 無効
1 - 有効

「1」に設定すると、製品のアクティベーションダイアログが最初の起動後に表示されません

ADMINCFG=

<path>

エクスポートされたXML構成へのパス
(既定値cfg.xml)

ESET Endpoint Securityでのみの設定プロパティ

 

CFG_EPFW_MODE=

0 - 自動(既定)
1 - 対話モード
2 - ポリシーに基づく
3 - 学習

ファイアウォールフィルタリングモード

CFG_EPFW_LEARNINGMODE_ENDTIME=

<timestamp>

Unixタイムスタンプとしての学習モードの終了日

LiveGrid®プロパティ

ESET Endpoint Securityと CFG_LIVEGRID_ENABLEDをインストールすると、インストール後の製品の動作は次のようになります。

機能

CFG_LIVEGRID_ENABLED=0

CFG_LIVEGRID_ENABLED=1

ESET LiveGrid®レピュテーションシステム

オン

オン

ESET LiveGrid®フィードバックシステム

オフ

オン

匿名で統計情報を送付する

オフ

オン

ACTIVATION_DATAプロパティ

書式

検査方法

ACTIVATION_DATA=key:AAAA-BBBB-CCCC-DDDD-EEEE

ESET製品認証キーを使用したアクティベーション(インターネット接続が必要)

ACTIVATION_DATA=offline:C:\ProgramData\ESET\ESET Security\license.lf

オフラインライセンスファイルを使用したアクティベーション

言語プロパティ

ESET Endpoint Security言語(両方のプロパティを指定する必要があります)

プロパティ

PRODUCT_LANG=

LCID10進数(ロケールID)。例: 1033は英語(米国。言語コードの一覧を参照してください。

PRODUCT_LANG_CODE=

小文字のLCID文字列(言語カルチャー名)。例: en-usは英語 - 米国。言語コードの一覧を参照してください。

再起動プロパティ

インストール後にコンピューターを再起動するには、次のパラメーターを指定します。

プロパティ

機能

REBOOT_WHEN_NEEDED=

0 - 無効
1 - 有効

有効にすると、インストール後に、コンピューターが再起動します。

REBOOT_CANCELABLE=

0 - 無効
1 - 有効

有効にすると、ユーザーはコンピューターの再起動をキャンセルできます。

REBOOT_POSTPONE=

値(秒)

ユーザーがコンピューターの再起動を延期する最大時間(秒)。


note

REBOOT_CANCELABLEが有効になっているREBOOT_POSTPONE場合にのみREBOOT_WHEN_NEEDED使用できます。

コマンドラインインストールの例


important

インストールを実行する前に、エンドユーザーライセンス契約を読んで、管理者権限があることを確認してください。


example

NetworkProtectionセクションをインストールから除外する(すべての子機能を指定する必要があります):

msiexec /qn /i ees_nt64.msi ADDEXCLUDE=Network,Firewall,IdsAndBotnetProtection


example

インストール後にESET Endpoint Securityを自動的に設定する場合は、インストールコマンド内で基本設定パラメーターを指定できます。

ESET LiveGrid®を有効にして、ESET Endpoint Securityをインストールする:

msiexec /qn /i ees_nt64.msi CFG_LIVEGRID_ENABLED=1


example

既定以外のアプリケーションインストールディレクトリにインストールします。

msiexec /qn /i ees_nt64_enu.msi APPDIR=C:\ESET\


example

ESET製品認証キーを使用して、ESET Endpoint Securityをインストールしてアクティベーションします。

msiexec /qn /i ees_nt64_enu.msi ACTIVATION_DATA=key:AAAA-BBBB-CCCC-DDDD-EEEE


example

詳細ロギング(トラブルシューティングで有用)でサイレントインストール、必須のコンポーネントでのみRMM:

msiexec /qn /i ees_nt64.msi /l*xv msi.log ADDLOCAL=_Base,Rmm
 


example

指定された言語でサイレント完全インストールを強制する。

msiexec /qn /i ees_nt64.msi ADDLOCAL=ALL PRODUCT_LANG=1033 PRODUCT_LANG_CODE=en-us

インストール後のコマンドラインオプション

  • ESETCMD.xml設定ファイルをインポートするか、セキュリティ機能をオン/オフにします
  • コマンドラインスキャナー – コマンドラインからコンピューターの検査を実行します