ESET Endpoint Securityをアクティベートする方法

インストール完了後、製品のアクティベーションが求められます。

製品のアクティベーションには、いくつかの方法があります。[アクティベーション]ウィンドウ内の特定のアクティベーションシナリオを使用できるかどうかは、国、および配布方法(ESET Webページ、インストーラータイプ .msi または .exe など)によって異なります。

プログラムから直接ESET Endpoint Securityのコピーをアクティベーションするには、ESET Endpoint Securityメインプログラムウィンドウを開き、メインメニューでヘルプとサポート > 製品のアクティベーションまたは保護の状態 > 製品のアクティベーションを選択します。

ESET Endpoint Securityをアクティベーションするには、次の方法を使用できます。

  • 購入した製品認証キーを使用 - XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXの形式の一意の文字列。ライセンス所有者を識別し、ライセンスをアクティベーションするために使用されます。
  • ESET Business Account - 認証情報(電子メールアドレスとパスワード)を使用して、ESET Business Accountポータルで作成されたアカウント。この方法では、1つの場所から複数のライセンスを管理できます。
  • オフラインライセンス - 自動生成されたファイル。ESET製品に転送され、ライセンス情報を提供します。ライセンスによってオフラインライセンスファイル(.lf)をダウンロードできる場合は、このファイルを使用してオフラインアクティベーションを実行できます。オフラインライセンス数は、使用可能な合計ライセンス数から減算されます。オフラインファイルの生成の詳細については、ESET Business Accountユーザーガイドを参照してください。

コンピュータが管理対象ネットワークのメンバーで、管理者がESET PROTECT経由でリモートアクティベーションを実行する場合は、[後からアクティベーション]をクリックします。後からこのクライアントをアクティベートする場合は、このオプションを使用することもできます。

ユーザー名とパスワードが古いESET製品のアクティベーションで使用され、ESET Endpoint Securityをアクティベーションする方法がわからない場合、レガシー資格情報を製品認証キーに変換します。

MONITOR_RED 製品のアクティベーションが失敗した場合

製品ライセンスはいつでも変更できます。変更するには、メインプログラムウィンドウで[ヘルプとサポート] > [ライセンスの変更]をクリックします。ESETサポートへのライセンスを識別するための公開ライセンスIDが表示されます。コンピュータが登録されるときに使用されるユーザー名は、システムトレイアイコンTRAY_ICONを右クリックすると表示される[バージョン情報]セクションに保存されます。


note

ESET PROTECT 7.2またはESET PROTECT 9は、管理者が使用可能にしたライセンスを使用してバックグラウンドでクライアントコンピューターをアクティベーションできます。手順については、『ESET PROTECTオンラインヘルプ』を参照してください。