ESET Endpoint Security9

ESET Endpoint Security 9では、コンピュータのセキュリティに新しいアプローチで取り組んでいます。 最新バージョンのESET LiveGrid®検出エンジンは、ファイアウォールおよび迷惑メール対策モジュールを備え、ご使用中のコンピューターを高い精度と速度をもって安全に保ちます。 その結果、このシステムでは、コンピュータにとって脅威となる攻撃とマルウェアを常に警戒します。

ESET Endpoint Security 9は、弊社の長期にわたる取り組みによって保護機能の最大化とシステムフットプリントの最小化を実現した完全なセキュリティソリューションです。人工知能に基づく高度な技術は、システムのパフォーマンスを低下させたり、コンピュータを中断させることなく、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、アドウェア、ルートキット、およびその他のインターネット経由の攻撃の侵入を強力に阻止します。

ESET Endpoint Security 9は主に小規模事業環境のワークステーションで使用するために設計されています。

ESET Endpoint Securityを単独での使用するセクションでは、ダウンロードインストールアクティベーションなど、ヘルプトピックが複数の章と節に分類され、位置付けやコンテキストがわかりやすくなっています。

エンタープライズ環境でESET Endpoint SecurityをESET PROTECTとともに使用することにより、ネットワークに接続されたのどのコンピュータからクライアントワークステーションをいくつでも簡単に管理し、ポリシーとルールの適用、検出の監視、クライアントのリモート設定が可能になります。

よくある質問の章では、よくある質問と問題をいくつか説明します。


機能と利点

ユーザーインターフェイスの再設計

このバージョンでは、ユーザーインターフェイスが大幅に再設計され、ユーザビリティテストの結果に基づいて簡略化されています。すべての GUI 用語と通知は慎重にレビューされ、インターフェースは現在ヘブライ語やアラビア語など右から左に記述する言語もサポートしています。オンラインヘルプはESET Endpoint Securityに統合され、ダイナミックにアップデートされたサポートコンテンツを提供します。

ウイルス・スパイウェア対策

従来よりもさらに多くの既知および未知のウイルス、ワームトロイの木馬、そしてルートキットを早期に検出し駆除します。アドバンスドヒューリスティックにより、これまで見られなかったようなマルウェアも検出して未知の脅威からユーザーを保護し、損害をもたらす前にそれらを無効化します。[Webアクセス保護]と[フィッシング対策]は、Webブラウザとリモートサーバー間の通信(SSLを含む)を監視することで保護します。[電子メールクライアント保護]では、POP3(S)IMAP(S)プロトコルで受信したメール通信を検査します。

通常アップデート

検出エンジン(以前はウィルス定義データベースという名称)とプログラムモジュールを定期的にアップデートすることは、コンピューターのセキュリティを最大限に確保するのに最良の方法です。

ESET LiveGrid®
(クラウドによる評価)

ユーザーは、ESET Endpoint Securityから、稼働中のプロセスやファイルの評価を直接チェックできます。

リモート管理

ESET PROTECTで、ネットワーク接続環境におけるワークステーション、サーバー、モバイルデバイス上のESET製品を1つの集中管理された場所から管理できます。ESET PROTECT Webコンソール(ESET PROTECT Webコンソール)を使用して、ESETソリューションの展開、タスクの管理、セキュリティポリシーの施行、システムステータスの監視、リモートコンピューターでの問題や脅威に対する迅速な対応ができます。

ネットワーク攻撃保護

ネットワークトラフィックの内容を分析し、ネットワーク攻撃から保護します。有害だと見なされるすべてのトラフィックがブロックされます。

Webコントロール(ESET Endpoint Securityのみ)

[Webコントロール]セクションでは、対象ユーザーに対して適切でない内容を掲載していると考えられるWebページをブロックします。さらに、企業やシステム管理者は、事前に定義された27以上のカテゴリと140以上のサブカテゴリへのアクセスを禁止できます。