ESET MSP AdministratorをESET PROTECTと同期する

ESET Security Management Centerを使用していますか?

前提条件

ESET LiveGuard AdvancedアカウントにESET MSP Administratorライセンスがある

ESET PROTECTが展開されている

ESET PROTECTサーバーとESET MSP Administratorポータルが接続されている


note

注意

既にEBAアカウントをESET PROTECT Webコンソールにインポートしている場合は、ライセンス管理セクションで同期をクリックすると、Webコンソールのライセンス情報が強制的に更新されます。もう一度、ESET MSP Administrator認証資格情報を追加する必要はありません。

同期

1.管理者または十分な権限がある別のユーザーでESET PROTECT Webコンソールにログインします。
 

2.詳細 > ライセンス管理 > アクション > ライセンスの追加をクリックます。

protect_license_add

3.ESET Business AccountまたはESET MSP管理者ログインを選択し、ESET MSP Administratorアカウント情報を入力します。

 

4.ライセンスの追加をクリックし、アカウントからESET PROTECTにすべてのライセンスを追加します。

esmc_lic2


important

ESET LiveGuard Advanced製品認証キーを直接Webコンソールにインポートする場合は、次のエラーが表示されます。

"製品認証キーでライセンスを追加できませんでした。ライセンスはESET Security Management Centerで管理できない製品に対して発行されます。別のライセンスを入力してください。"

必ずESET LiveGuard AdvancedまたはEBAを使用して、ESET MSP Administratorライセンスをインポートします。