要件とサポート対象の製品

オンプレミス製品のユーザーの要件

要件は、ESET LiveGuard Advancedの適切な機能に関する次の前提条件を満たす必要があります。

有効なESET Business AccountまたはESET MSP AdministratorアカウントがESET管理コンソールと同期されている

サポートされているESET管理コンソール

バージョン7.x以降の互換性があるESETセキュリティ製品がインストールされている

ESET LiveGuard Advancedの有効なライセンス

ESET LiveGuard Advancedライセンスでセキュリティ製品がアクティベーションされている

互換性があるセキュリティ製品のポリシーでESET LiveGuard Advancedが有効になっている

開いているポートのネットワーク要件がESET LiveGrid®で同じである。

oESET LiveGuard Advancedオンラインサーバーへのアクセス

ESET Cloud Office Securityユーザーの要件

ESET Cloud Office SecurityでESET LiveGuard Advancedを使用するには、次の情報が必要です。

ESET Business Accountに接続された有効なESET MSP AdministratorまたはESET Cloud Office Securityアカウント

ESET LiveGuard Advancedの有効なライセンス

ESET Cloud Office Securityは送信されたファイルに関する情報を ESET管理コンソールと共有しません。

管理コンソールのアクセス権

Webコンソールでは、送信されたファイルと分析結果は、そのファイルを送信するデバイスへのアクセス権があるユーザーにのみ表示されます。ESET Inspectから報告された実行可能ファイルは、Webコンソールから手動で送信できます。検出を報告したコンピューターの使用権限と、ホームグループでESET LiveGuardにファイルを送信機能の書き込み権限が必要です。

ローミングエンドポイント - デバイスがESET PROTECT/ESMCサーバーに到達できず、ESET Cloudサーバーには到達できる場合は、そのデバイスによって送信されたファイルは、デバイスがもう一度サーバーに接続された後にのみ表示されます。

パフォーマンス

ESET Bridgeを使用して、ESET LiveGuard Advancedの結果をキャッシュに格納できます。キャッシュにより、ネットワークのインターネットトラフィックを減らします。

(1,000台以上のコンピューターが管理された)エンタープライズ環境ではESET Bridge専用サーバーを使用することをお勧めします。大量のファイルをキャッシュに格納すると、サーバーのパフォーマンスが低下します。高可用性環境では、各コンポーネントを個別のコンピューター(ESET Security Management Center/ESET PROTECTサーバー、ESET Bridge、データベースサーバー)にインストールすることをお勧めします。同じコンピューターでは、ESET Security Management Center/ESET PROTECT以外のリソース負荷が高いアプリケーションを実行しないことをお勧めします。

別の方法として、送信されるファイル数を減らし、全体的なパフォーマンスを改善できます。ファイル、フォルダー、またはプロセスを除外し、分析のために個人用ファイルを送信しないようにしたり、負荷を低減したりすることができます。詳細については、除外を使用してパフォーマンスを改善するを参照してください。

サポートされているライセンス

ESET LiveGuard Advancedは次の方法でアクティベーションできます。

EBAの1年、2年、3年ライセンス、およびサブスクリプションライセンス

ESET MSP Administratorからのサブスクリプションの形式のMSPライセンス

サポート対象の製品

ESET LiveGuard Advancedでの分析のためのファイルの送信は、特定の製品からのみサポートされています。送信されたファイルのリストは、サポートされたバージョンの管理コンソールでのみ使用できます。

セキュリティ製品

製品

バージョン

ESET Endpoint Antivirus for Windows*
ESET Endpoint Security for Windows

icon_successバージョン7以降。

ESET Mail Security for Microsoft Exchange

icon_successバージョン7以降。

ESET File Security for Windows Server

icon_successバージョン7.x

ESET Server Security for Windows Server

(旧称ESET File Security for Windows Server)

icon_successバージョン8以降。

ESET Endpoint Antivirus for Linux

icon_successバージョン8.1以降。

ESET Server Security for Linux

icon_successバージョン8.1以降。

ESET Cloud Office Security

icon_success (2021年12月から)

* ESET LiveGuard Advanced機能は、ESET Endpoint AntivirusとESET Endpoint Securityの両方で同じです。このマニュアルでは、ESET Endpoint Securityのみを参照して、文章をわかりやすくしています。ESET Endpoint Antivirusユーザーは、このガイドのESET Endpoint Securityに関する手順に従ってください。

管理コンソール

製品とバージョン

サポート

ESET PROTECT 8以降

icon_success

ESET Security Management Center 7.0および7.1

unavailableコンソールのサポートは終了しました。

ESET Security Management Center 7.2

icon_success

ESET Remote Administrator 6.x以降

unavailable

ESET PROTECT Cloud

icon_success


important

サポート対象外のオペレーティングシステム

ESET LiveGuard Advancedは、Windows XPおよびMicrosoft Windows Server 2003のクライアントコンピュータではサポートされません。これらのシステムは、サンプルファイルの安全な転送に必要なTLS 1.2をサポートしません。

サポートされているプロキシ

ESET Bridgeは、Apache HTTPプロキシ代替機能としてESET PROTECT 10.0でリリースされ、管理コンソールのオールインワンインストーラーに含まれています。ESETダウンロードサイトからスタンドアロンインストーラーとしてダウンロードすることもできます。Apache HTTP Proxyは引き続き機能しますが、ESET Bridgeを使用することをお勧めします。