除外の追加

通常、ファイルが分析され、感染と評価されると、ESETセキュリティ製品はポリシー設定で定義されたアクションを自動的に実行します。コンピューターで隔離が有効な場合には、ファイルは隔離(ツール > 隔離)に移動されます。ただし、ファイルが安全であることがわかっている場合や、他の理由で駆除されないようにすることを保証する必要がある場合には、特定のファイルに除外を作成できます。ローミングエージェントで作成されたファイルの除外は、エージェントがリモート管理サーバーにチェックインするまでは、Webコンソールに追加されません。


important

除外によってリスクが生じる可能性があります

除外ポリシーが適用されている間、ESETセキュリティ製品はファイルを検査しません。除外を作成するときには十分に注意してください。

ファイルをホワイトリストに追加するための前提条件:

ファイルは、ESET LiveGuard Advancedで分析に送信されます。

この情報はリモート管理サーバーと同期されます。

 

ファイルを検査処理のホワイトリストに追加する:

1.管理コンソールの管理者がファイルのハッシュを除外としてポリシーに追加します。

2.ポリシーは、選択したコンピューターに適用されます。ファイルはこれらのコンピュータで自由に使用できます。

 

除外には個別のポリシーを作成できます。除外を追加する前に、ポリシーを作成します。

管理ポリシーを作成します。

除外を追加する

検出され、Webコンソールの送信されたファイルウィンドウに一覧表示されたファイルの除外を作成する:

1.管理者またはターゲットコンピュータの十分な権限がある別のユーザーでWebコンソールにログインします。

2. 送信されたファイルに移動し、検査から除外するファイルのハッシュを選択してから、除外の作成をクリックします。

protect_exclusion

arrow_down_business ESET Security Management Centerを使用している

arrow_down_business ESET PROTECT Cloudを使用している

3.除外の対象コンピューターを選択します。すべてグループは定義済みの対象です。除外は、対象コンピューターでサポートされているすべてのESET製品に適用されます。

 

select_policy

4.完了をクリックして、除外を保存して、適用します。除外が有効になるには、最大2レプリケーション間隔が必要になることがあります。除外メニューには、除外が一覧表示されます。