ポリシー管理

ポリシーでは、管理コンソールからクライアントコンピューターへ、一部またはすべてのクライアント設定をリモートで施行します。各ポリシーは1つのESETビジネス製品に固有であり、グループまたは個別のクライアントコンピュータに適用できます。複数のポリシーが1台のコンピュータに適用されるときには、ポリシーが統合され、適用されます。

ESET Management Agentをインストールし、ポリシーをクライアントで有効にするために管理コンソールに接続するように設定する必要があります。

新しいポリシーの作成

1.Webコンソールにログインします
 

2.[管理] > [ポリシー] > [新規ポリシー]をクリックします。
 

protect_policy

arrow_down_business ESET Security Management Centerを使用している

arrow_down_businessESET PROTECT Cloudを使用している

3.ポリシーの名前と説明を入力し、続行をクリックします。
 

4.ポリシーに該当するESETセキュリティ製品を選択し、続行をクリックします。
 

5.ポリシーを割り当てる該当するコンピューターまたはコンピューターグループを選択し、続行をクリックします。
 

6.サマリーセクションには、ポリシー設定の概要が表示されます。完了をクリックして、ポリシーを適用します。

 

ESET LiveGuard Advancedポリシーを設定する方法

ポリシーの動作方法

ポリシーウィザードで、ポリシーを作成するESET製品を選択します。

各設定(行)には次の項目があります。

ステータス

タイトル

バージョン制限(任意)

設定値

ツールチップ(一部の設定にはツールチップがありません)

 

policy_line

設定がこのポリシーで定義され、他のポリシーで施行される場合は、設定のステータスが表示されます。設定ステータスインジケーターの例は以下のとおりです。

button_no - 設定が非アクティブです

button_on - 設定が有効です

buttpn_force - 設定が施行されています

その他のポリシーが1台のコンピュータで適用されているか、他の設定が継承されている場合、ポリシーが統合されます(順序に基づく)。ESET PROTECTドキュメントのポリシーの詳細をお読みください。