ESETセキュリティ製品の構成

ESET Cloud Office Securityユーザー

ESET Cloud Office SecurityでESET LiveGuard Advancedを使用するには、新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーを設定します。このポリシーに割り当てられたユーザーまたはグループは保護が強化されます。詳細については、ESET LiveGuard Advancedの保護設定を参照してください。

arrow_down_businessESET Cloud Office Securityポリシーを設定する

ESET管理コンソールユーザー

クライアントコンピューターでESET LiveGuard Advancedサービスを有効にするには、ユーザーが要件を満たし、ポリシーを作成して、サービスを設定する必要があります。

ESET PROTECT/ESMC/ESET PROTECT Cloud Webコンソールで、新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーを編集して、ESET LiveGuard Advancedを使用するコンピューターに割り当てます。


note

注意

ライセンスによってサービスがアクティベーションされていないコンピューターでESET LiveGuard Advancedを有効にする場合、設定が適用されません。ポリシーの他の設定が適用されます。

ESET LiveGuard Advanced 設定

1.ESET管理コンソールのWebコンソールにログインし、ポリシーを作成または編集します。
 

2.設定セクションで、製品を選択し、次の項目に移動します。
 

ポリシー

設定

ESET Endpoint for Windows

検出エンジン> クラウドベース保護

ESET Mail Security for Microsoft Exchange (V6+)

コンピューター > クラウドベース保護

ESET Server Security for Microsoft Server (V6+)

検出エンジン> クラウドベース保護

ESET Endpoint for Linux (V7+)

検出エンジン> クラウドベース保護

ESET Server/File Security for Linux (V7+)

検出エンジン> クラウドベース保護

3.ESET LiveGuard Advancedを有効にするには、クラウドベース保護セクションで3つのすべての設定をオンにする必要があります。
 

policy1

セクション:クラウドベース保護

説明

ESET LiveGrid®レピュテーションシステムを有効にする(推奨)

ESET LiveGrid®からの評価情報の使用。

ESET LiveGrid®フィードバックシステムを有効にする

ESET Cloudへのファイルの送信

ESET LiveGuard Advancedを有効にする

ESET LiveGuard Advancedでの分析のためのファイルの送信。

4.不審なファイルが検出または特定されたときにESET Cloudに送信されるファイルを絞り込めます。
 

セクション:サンプルの送信

説明と推奨

サンプルの手動送信

手動でサンプルをESETに送信するオプションを有効にします(Windows製品のみ)

検出されたサンプルの自動送信

検出エンジンで検出された場合に、分析のために自動的にESETに送信されるサンプルの種類を選択します。

実行ファイル、アーカイブ、スクリプト、その他

ローカル検出エンジンで検出されない場合は、分析のために自動的にESET Cloudに送信されるファイルのタイプを選択します。すべてのファイルタイプの送信を許可することをお勧めします。

考えられる迷惑メール

考えられる迷惑メールの送信。(ESET Endpoint for Windowsのみ)

ESETのサーバーから実行ファイル、アーカイブ、スクリプト、他のサンプル、および可能性がある迷惑メールを削除

分析が完了した後のアクション。

文書

文書の送信。

ESETのサーバーから文書を削除

分析が完了した後のアクション。

除外

送信から除外するファイルの拡張子のリスト。拡張子は*.ext?の形式で追加されます。

* はファイル名を表します

extはファイルタイプ拡張子を表します。

? は任意の1文字を表します。これは任意です。

サンプルの最大サイズ(MB)

送信されたファイルの最大サイズ。

5.検出しきい値とファイルがしきい値を超えた結果になった後に実行されるアクションを設定します。
 

セクション:ESET LiveGuard Advanced

説明と推奨

検出しきい値

検出後のアクションをトリガーする分析の結果のステータス

検出後のアクション

分析されたファイルが検出しきい値以上の結果になった場合に、ESETセキュリティ製品が実行するアクション。

分析の最大待機時間(分)

メールが配信されるか、ダウンロードファイルが利用可能になるまで、分析結果を待機する最長時間。

プロアクティブ保護

プロアクティブ保護設定。分析がまだ完了していないファイルの実行を許可することができます。

6.ポリシーで割り当てられるコンピューターまたはグループを選択することで、ポリシーを完了します。サーバーとエージェント間の次回のレプリケーションが完了した後に新しい設定が適用されます(通常は数分)。