ESETオンラインヘルプ

検索 日本語
カテゴリを選択
トピックを選択

ESET PROTECT10.1オールインインインストーラーを使用してアップグレード

ESET PROTECT10.1オールインインインストーラーを使用して、ESMC 7.2または前のバージョンのESET PROTECTを最新のESET PROTECT10.1にアップグレードします。

既存のインストールがオールインワンインストーラーで実行された(Microsoft SQLデータベースApache Tomcatの既定のインストールがある)場合は、オールインワンインストーラーによるアップグレードが推奨されるオプションです。

ESET PROTECT 10.1オールインワンインストーラーでは、既定でMicrosoft SQL Server Express 2019がインストールされます。

o古いWindowsエディション(サーバー2012またはSBS 2011)を使用している場合は、Microsoft SQL Server Express 2014が既定でインストールされます。

oインストーラーはデータベース認証(%PROGRAMDATA%\ESET\RemoteAdministrator\Server\EraServerApplicationData\Configuration\startupconfiguration.iniに保存)のランダムなパスワードを自動的に生成します。


warning

Microsoft SQL Server Expressには各関係データベース10 GBのサイズ制限があります。次の環境では、Microsoft SQL Server Expressの使用は推奨されません。

エンタープライズ環境または大規模ネットワーク。

ESET PROTECTとESET Inspectを使用する場合。


important

ESMC 7.2以降から直接ESET PROTECT 10.1にアップグレードできます。

アップグレードを実行する前に、次のデータをバックアップします。

すべての証明書(認証局、サーバー証明書、プロキシおよびエージェント証明書)

既存のESET PROTECTサーバーの認証局証明書.derファイルにエクスポートし、外部ストレージに保存します。

古いESET Managementサーバーのピア証明書(ESET PROTECTエージェントの場合はESET PROTECTサーバー)と秘密鍵.pfxファイルをエクスポートし、外部ストレージに保存します。

ESMC/ESET PROTECTデータベース。 古いサポートされていないデータベース(MySQL 5.5またはMicrosoft SQL 2008/2012)がインストールされている場合、ESET PROTECTサーバーをアップグレードする前に、データベースを互換性があるデータベースバージョンにアップグレードしてください。

ESET PROTECT 10.1にアップグレードする前に、サポートされているオペレーティングシステムが実行されていることを確認してください。

1.Setup.exeを実行します。

2.言語を選択し、次へをクリックします。

3.すべてのコンポーネントをアップグレードを選択し、次へをクリックします。

package_installation_upgrade

4.エンドユーザーライセンス契約を読んで、同意して、次へをクリックします。

5.コンポーネントで、アップグレード可能なESET PROTECTコンポーネントを確認して、次へをクリックします。


warning

Apache TomcatおよびWebコンソールのアップグレードの制限事項

Apache Tomcatのカスタムバージョンがインストールされている場合(Tomcatサービスの手動インストール)、後からオールインワンインストーラーまたはコンポーネントのアップグレードタスクを使用して、ESET PROTECT Webコンソールをアップグレードすることはできません。

Apache Tomcatアップグレードは、次の場所にあるeraフォルダーを削除します。 C:\Program Files\Apache Software Foundation\[ Tomcat フォルダ ]\webapps\.eraフォルダーを使用して、追加のデータを保存する場合は、アップグレードする前に、必ずデータをバックアップしてください。

  C:\Program Files\Apache Software Foundation\[ Tomcat フォルダ ]\webapps\に、eraおよびROOTフォルダー以外の追加データがある場合は、Apache Tomcatアップグレードが実行されず、Webコンソールのみがアップグレードされます。

Web コンソールとApache Tomcatアップグレードによって、オフラインヘルプファイルがクリアされます。ESMCまたは古いバージョンのESET PROTECTのオフラインヘルプを使用していた場合は、アップグレード後にESET PROTECT 10.1用に再作成して、最新のオフラインヘルプがESET PROTECTバージョンと一致するようにします。


warning

Apache HTTP ProxyがインストールされたWindowsコンピューターでオールインインワンインストーラーを実行する場合は、インストーラーで自動的にApache HTTP Proxyがアンインストールされ、代わりにESET Bridgeがインストールされます。

package_installation_components_to_upgrade

6.インストール前チェックに従い、システムがすべての前提条件を満たしていることを確認します。

7.アップグレードをクリックして、ESET PROTECTアップグレードを開始します。システムとネットワーク構成によっては、アップグレードに時間がかかる場合があります。

8.アップグレードが完了したら、完了をクリックします。

9.ESET PROTECTのアップグレード後、コンポーネントアップグレードタスクを使用して、管理されたコンピューターでESET Managementエージェントをアップグレードします。 ESET PROTECTは、管理されたコンピューターのESET Managementエージェントの自動アップグレードをサポートします。