ESETオンラインヘルプ

検索 日本語
カテゴリを選択
トピックを選択

ESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスク

アップグレード前の推奨事項

ESET PROTECT Webコンソールで使用可能なESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスクを使用してESET PROTECTインフラストラクチャをアップグレードすることをお勧めします。アップグレードする前に、ここで手順をよく確認してください。


warning

コンポーネントアップグレードがESET PROTECTサーバーまたはWebコンソールを実行するコンピューターで失敗した場合は、リモートでWebコンソールにログインできない場合があります。このアップグレードを実行する前に、サーバーコンピューターへの物理アクセスを構成することをお勧めします。コンピューターへの物理アクセスを設定できない場合は、リモートデスクトップを使用して、管理者権限でログインできることを確認します。この操作を実行する前に、ESET PROTECTサーバーとMobile Device Connectorデータベースをバックアップすることをお勧めします。仮想アプライアンスをバックアップするには、スナップショットを作成するか、仮想マシンのクローンを作成します。

ESMC仮想アプライアンスからアップグレードしていますか?

arrow_down_business ESET PROTECTサーバーインスタンスがフェールオーバークラスタにインストールされている


important

コンポーネントアップグレードタスクを使用して、ESET PROTECT 8.0以降からESET PROTECT 10.1にアップグレードできます。ESMC7.2を使用している場合は、コンポーネントアップグレードタスクを使用して、2つの手順でアップグレードする必要があります。まず、ESET PROTECT 10.0にアップグレードして、10.0から10.1にアップグレードします。

ESET PROTECTは、新しいバージョンのESET PROTECTサーバーが利用可能になると自動的に通知します。

アップグレードを実行する前に、次のデータをバックアップします。

すべての証明書(認証局、サーバー証明書、プロキシおよびエージェント証明書)

既存のESET PROTECTサーバーの認証局証明書.derファイルにエクスポートし、外部ストレージに保存します。

古いESET Managementサーバーのピア証明書(ESET PROTECTエージェントの場合はESET PROTECTサーバー)と秘密鍵.pfxファイルをエクスポートし、外部ストレージに保存します。

ESMC/ESET PROTECTデータベース。 古いサポートされていないデータベース(MySQL 5.5またはMicrosoft SQL 2008/2012)がインストールされている場合、ESET PROTECTサーバーをアップグレードする前に、データベースを互換性があるデータベースバージョンにアップグレードしてください。

ESET PROTECT 10.1にアップグレードする前に、サポートされているオペレーティングシステムが実行されていることを確認してください。

ESETセキュリティ製品をアップグレードするには、最新のインストーラーパッケージを使用してソフトウェアインストールタスクを実行し、既存の製品の上にインストールします。

推奨されるアップグレード手順

1.ESET PROTECTサーバー - ESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスクの対象として、ESET PROTECTサーバーがインストールされているコンピューターのみを選択します。

2.テストサンプルとして(各オペレーティングシステム/ビットカテゴリから1つ以上)、一部のクライアントコンピューターを選択し、ESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスクを実行します。

ネットワーク負荷を制限するには、ESET Bridge HTTPプロキシ (またはキャッシュが有効な別の透過Webプロキシ)を使用することをお勧めします。テストクライアントコンピューターはインストーラーのダウンロード/キャッシュをトリガーします。タスクをもう一度実行するときには、インストーラーがキャッシュから直接クライアントコンピューターに配布されます。

3.ESET Managementエージェントがアップグレードされたコンピューターが正常にESET PROTECTサーバーに接続した後、残りのクライアントのアップグレードに進みます。


note

ネットワークのすべての管理されたコンピューターでESET Managementエージェントをアップグレードするには、ESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスクの対象として、静的グループすべてを選択します。このタスクは、既に最新のESET Managementエージェントを実行しているコンピューターをスキップします。

ESET PROTECTは、管理されたコンピューターのESET Managementエージェントの自動アップグレードをサポートします。

自動的にアップグレードされたコンポーネント:

ESET PROTECTサーバー

ESET Managementエージェント

ESET PROTECT Webコンソール - Apache TomcatがWindowsおよびLinuxディストリビューションの既定のインストールフォルダーにインストールされているときにのみ該当します(ESET PROTECT仮想アプライアンス(例: /var/lib/tomcat8/webapps//var/lib/tomcat7/webapps//var/lib/tomcat/webapps/)を含む)。


warning

Webコンソールアップグレードの制限事項

oApache Tomcatは、ESET PROTECT Webコンソールアップグレード中に、コンポーネントアップグレードタスクによってアップグレードされません。

oESET PROTECT Webコンソールアップグレードは、Apache Tomcatがカスタマイズされた場所にインストールされている場合には動作しません。

oApache Tomcatのカスタムバージョンがインストールされている場合(Tomcatサービスの手動インストール)、後からオールインワンインストーラーまたはコンポーネントのアップグレードタスクを使用して、ESET PROTECT Webコンソールをアップグレードすることはできません。

ESET PROTECT Mobile Device Connector

手動アップグレードが必要なコンポーネント:

ESETコンポーネント

ESET Rogue Detection Sensor - アップグレードでソフトウェアインストールタスクを使用します。あるいは、最新のバージョンを前のバージョンの上にインストールしてアップグレードします(WindowsまたはLinuxのインストール手順に従ってください)。ESMC 7.2以降でRD Sensorをインストールした場合は、新しいRD Sensorリリースがないため、アップグレードする必要はありません。

サードパーティーコンポーネント

ESET PROTECTでは、ESETコンポーネントの他に、手動アップデートが必要なサードパーティコンポーネントを使用しています。

ESET PROTECT Webコンソールで、クイックリンク > サーバーコンポーネントをクリックすると、新しいバージョンが利用可能なサードパーティコンポーネントが表示されます。


note

すみやかに、最新バージョンのサードパーティコンポーネントをインストールすることをお勧めします。最新の使用可能なバージョンは、ESET PROTECTサーバーを実行するために使用されるオペレーティングシステムによって異なる場合があります。

ESET PROTECT仮想アプライアンスは、サードパーティコンポーネントで使用可能なアップグレードを報告しません。

ESET PROTECT Webコンソールは、以下の一覧よりも前のバージョンをアップグレードすることを推奨します。

サードパーティーコンポーネント

バージョン:

注意:

アップグレード手順

Microsoft SQL Server

2019 (ビルド 15.0.4312.0)

SQL Serverデータベースエンジンのバージョンとエディションを決定し、最新の累積的なアップデートをインストールします。

データベースサーバー

MySQL

8.0.0.0

ESET PROTECT Webコンソールでヘルプ > 情報をクリックすると、インストールされているデータベースバージョンが表示されます。

データベースサーバー

OS

Windows Server 2016

ESET PROTECTはLinuxで使用可能なアップデートを報告しません。

OS

Apache Tomcat

9.0.73

インストールされているApache Tomcatバージョンを判別します。

Windows - C:\Program Files\Apache Software Foundation\[ Tomcat フォルダ ]\ RELEASE-NOTESファイルをテキストエディターで開き、バージョン番号を確認します。

Linux - tomcat versionターミナルコマンドを実行します。

Apache Tomcat

Java

17.0

インストールされているJavaバージョンを判別します。

Windows - コマンドプロンプトを開き、java -versionコマンドを実行します。

Linux - java -versionターミナルコマンドを実行します。

Java Runtime Environment

Apache HTTP Proxy

-


important

Apache HTTP Proxyユーザー

ESET PROTECT 10.0以降では、ESET BridgeがApache HTTP Proxyに代わります。Apache HTTP Proxyは限定サポートに達しました。Apache HTTP Proxyを使用している場合は、ESET Bridgeへの移行をお勧めします。

ESET Bridgeへの移行

ESET PROTECTモバイルデバイス管理/コネクター(MDM/MDC)コンポーネント(オンプレミスのみ)はサポート終了が予定されています。詳細クラウドMDMに移行することをお勧めします。

トラブルシューティング

アップグレードされたコンピューターからESET PROTECTリポジトリにアクセスできるかどうかを確認します。

1つ以上のコンポーネントが既に新しいバージョンにアップグレードされている場合は、ESET PROTECTコンポーネントアップグレードタスクを再実行できません。

ESET PROTECT Webコンソールが読み込めない場合、またはログイン中にエラーが表示される場合は、Webコンソールのトラブルシューティングを参照してください。

エラーの明確な理由がない場合は、コンポーネントを手動でアップグレードできます。WindowsまたはLinuxの手順を参照してください。

アップグレードの問題を解決するためのその他の推奨事項については、一般的なトラブルシューティング情報を参照してください。