ESETオンラインヘルプ

検索 日本語
カテゴリを選択
トピックを選択

データベースサーバーバックアップ/アップグレード

ESET PROTECTはデータベースを使用して、クライアントデータを格納します。次のセクションでは、ESET PROTECTサーバー(またはESMCサーバー)データベースまたはMDMデータベースのバックアップおよびアップグレードについて詳述します。

ESET PROTECTサーバーで使用するためにデータベースを設定していない場合は、Microsoft SQL Server Expressがインストーラーに含まれます。 ESET PROTECT 10.1オールインワンインストーラーでは、既定でMicrosoft SQL Server Express 2019がインストールされます。

o古いWindowsエディション(サーバー2012またはSBS 2011)を使用している場合は、Microsoft SQL Server Express 2014が既定でインストールされます。

oインストーラーはデータベース認証(%PROGRAMDATA%\ESET\RemoteAdministrator\Server\EraServerApplicationData\Configuration\startupconfiguration.iniに保存)のランダムなパスワードを自動的に生成します。


warning

Microsoft SQL Server Expressには各関係データベース10 GBのサイズ制限があります。次の環境では、Microsoft SQL Server Expressの使用は推奨されません。

エンタープライズ環境または大規模ネットワーク。

ESET PROTECTとESET Inspectを使用する場合。

古いサポートされていないデータベース(MySQL 5.5またはMicrosoft SQL 2008/2012)がインストールされている場合、ESET PROTECTサーバーをアップグレードする前に、データベースを互換性があるデータベースバージョンにアップグレードしてください。

 

ESET PROTECTデータベース移行も参照してください。

Microsoft SQL Serverに関する次の要件を満たす必要があります。

サポートされているバージョンのMicrosoft SQL Serverをインストールします。インストール中に混合モード認証を選択します。

Microsoft SQL Serverが既にインストールされている場合は、認証を混合モード(SQL Server認証とWindows認証に設定します。このためには、このナレッジベース記事の手順に従います。Windows認証を使用して、Microsoft SQL Serverにログインする場合は、このナレッジベース記事の手順に従います。

SQL ServerへのTCP/IP接続を許可します。このためには、このナレッジベース記事の「II.SQLデータベースへのTCP/IP接続を許可する」の手順に従います。


note

Microsoft SQL Server (データベースおよびユーザー)を設定、管理、監視するには、SQL Server Management Studio (SSMS)をダウンロードします。

ドメインコントローラーにはSQL Serverをインストールしないでください(たとえば、Windows SBS / Essentials)。別のサーバーにESET PROTECTをインストールするか、インストール中にSQL Server Expressコンポーネントを選択しない(この場合、既存のSQL ServerまたはMySQLを使用してESET PROTECTデータベースを実行する必要があります)ことをお勧めします。