エージェント展開 - macOS

1.エージェントインストーラースクリプトをクライアントコンピューターにダウンロードします。

2.PROTECTAgentInstaller.tar.gzをダブルクリックすると、PROTECTAgentInstaller.shファイルをデスクトップに展開します。

3.実行 > ユーティリティクリックし、ターミナルをダブルクリックして、新しいターミナルウィンドウを開きます。

4.新しいターミナルウィンドウで、次のコマンドを入力します。

cd Desktop

sudo bash PROTECTAgentInstaller.sh

5.メッセージが表示されたら、ユーザーアカウントパスワードを入力し、Returnを押して、インストールを続行します。

6.エージェントが実行中であることを確認します。実行 > ユーティリティクリックし、アクティビティモニターをダブルクリックします。エネルギータブまたはCPUタブをクリックして、ERAAgentプロセスを見つけます。

7.macOS版ESET製品のシステム拡張機能を許可します

8.フルディスクアクセスを有効にする:

リモート:

a).plist設定ファイルをダウンロードします。

b)任意のUUID生成ツールを使用して、2つのUUIDを生成します。テキストエディターを使用して、文字列をテキストで置換します。ダウンロードした設定プロファイルにUUID 1およびUUID 2を挿入します。

c)MDMサーバーを使用して、.plist設定プロファイルファイルを展開します。設定プロファイルをコンピューターに展開するには、コンピューターがMDMサーバーに登録されている必要があります。

ローカル:

a)システム設定 > セキュリティとプライバシー > プライバシーを開きます。

b)左下の設定をロック解除します。

c)フルディスクアクセスをクリックします。

d)+ > アプリケーション > ESET > 開くをクリックし、ESET ManagementエージェントおよびESETセキュリティ製品をフルディスクアクセスフォルダーのアプリケーションリストに追加します。

e)左下の設定をロックします。

9.エージェントがインストールされているコンピューターがESET PROTECT Cloud Webコンソールに表示され、ESET PROTECT Cloudを使用して管理できます。


note

ネイティブARM64 ESET Managementエージェント(バージョン9.1以降)がARM64 macOSシステムにインストールされます。

ESET PROTECT Cloudは、管理されたコンピューターでのESET Managementエージェントの自動アップグレードをサポートします。