ESETオンラインヘルプ

検索 日本語
トピックを選択

静的グループのインポート

静的グループからエクスポートしたファイルはESET PROTECT Webコンソールに再度インポートでき、既存のグループ構造に含めることができます。

cloud_import_static_groups

1.コンピューターをクリックし、静的グループを選択します。

2.歯車アイコンをクリックし、import_default インポートを選択します。

3.ファイルの選択をクリックし、.txtファイルに移動します。ファイルの各行には、コンピューター名/IPアドレスへの完全パス(区切り記号としてバックスラッシュを使用)が含まれている必要があります。例:

All\Lost & found\Computer_Name

All\Lost & found\10.20.30.40

4.グループファイルを選択して、開くをクリックします。ファイル名がテキストボックスに表示されます。

5.次のオプションのいずれかを選択して競合を解決します。

同じエントリが他の場所で見つかった場合、デバイスを作成または移動しない—静的グループが存在し、.txtファイルからコンピューターがグループにすでに存在する場合、そのコンピューターはスキップされ、インポートされません。これに関する情報が表示されます。

インポートされたパスにデバイスが存在しない場合は、既存のデバイスを移動します。可能な場合は、管理対象デバイスのみを同じパスにする–静的グループが存在し、.txtファイルからのコンピューターがこのグループにすでに存在する場合、インポート前にコンピューターを他の静的グループに移動する必要があり、インポート後、そのコンピューターは移動後の場所から元の場所に戻ります。

インポートされたパスにデバイスが存在しない場合は、既存のデバイスを複製します – 静的グループが存在し、.txtファイルからのコンピューターがこのグループにすでに存在する場合、そのコンピューターの複製が同じ静的グループ内に作成されます。元のコンピューターは、完全な情報と一緒に表示され、複製はコンピューター名のみ表示されます。

6.インポートをクリックすると、静的グループとコンピューターがインポートされます。