安全なブラウザー

安全なブラウザーは、オンライン閲覧中に機密データを保護するために設計された追加の保護レイヤーです(オンライン取引中の金融データなど)。

ESET Endpoint Security 8以降には保護されたブラウザが開くように事前定義されたウェブサイトのビルトインリストが含まれています。 ウェブサイトを追加したり、製品のコンフィグレーションでウェブサイトのリストを編集したりできます。安全なブラウザーはインストール後に既定で無効です。

この新機能の詳細については、次のESETナレッジベース記事をお読みください。

ESET Endpoint Security (8.x)で安全なブラウザーを有効にして構成する

HTTPS暗号化通信の使用は、ブラウジングの保護に必要となります。 安全なブラウザーを使用するには、お使いのWebブラウザーが以下に示す最小要件を満たしている必要があります。

Internet Explorer 8.0.0.0

Microsoft Edge 83.0.0.0

Google Chrome 64.0.0.0

Firefox 24.0.0.0

任意のWebブラウザーでESET安全なブラウザーを開く

製品メニューのツールタブから直接ESET安全なブラウザーを開くときには、ESET安全なブラウザーは既定に設定したWebブラウザーで開きます。そうでない場合は、任意のWebブラウザー(製品メニューからではない)を開くときに、ESET内部リストがESETで保護されたのと同じ種類のWebブラウザーにリダイレクトされます。