ルール

ウイルス対策ソリューションと電子メールクライアントに関する限りでは、ルールを使用すると、メール機能を操作することができます。 ルールは次の2つの論理的部分で構成されます。

1.条件(たとえば、受信メッセージが、ある特定のアドレスから送信されたか、特定の電子メール件名が付いたものである)

2.アクション(たとえば、メッセージを削除したり、指定フォルダに移動したりする)

ルールの数と組み合わせは、迷惑メール対策ソリューションに応じて異なります。このルールは、迷惑メール(受信者側が送信を要求していないメール)を防ぐための手段となります。よくある例は、次のとおりです。

1. 条件:受信メールに、迷惑メールメッセージ特有の語がいくつか含まれる。
2. アクション:メッセージを削除する。

 

1. 条件:受信メールに、拡張子が.exeの添付ファイルが含まれる。
2. アクション:添付ファイルを削除し、メッセージをメールボックスに配信する。

 

1. 条件:雇用者からの受信メッセージである。
2. アクション:メッセージを"仕事"メールを指定のフォルダに移動する。

 

管理し易くし、迷惑メールのフィルタリングの効果を向上させるため、迷惑メール対策プログラムで複数のルールを組み合わせて使用することをお勧めします。