電子メール脅威

電子メールは、多数の利点を備えた通信形態です。

しかし、匿名性が高いため、電子メールとインターネットには迷惑メールなどの不正な活動の余地があります。迷惑メールには、受信者側が送信を要求していない広告、デマ、悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の拡散があります。送信費が最小限であること、また、迷惑メールの作成者には新しいメールアドレスを入手するさまざまなツールがあることから、ユーザーに対する迷惑行為や危険性は増加しています。さらに、迷惑メールの量や多様性のために、規制することは非常に困難です。メールアドレスを長く使用するほど、迷惑メールエンジンデータベースに登録される可能性が高くなります。

回避策をいくつか紹介します。

可能な場合、インターネットに電子メールアドレスを公開しない。

信頼できる個人のみにメールアドレスを知らせる。

可能な場合、一般的なエイリアスを使用しない。複雑なエイリアスを使用するほど、追跡される可能性が低くなります。

受信ボックスに既に着信した迷惑メールに返信しない。

インターネットフォームに記入する際に注意する。特に、"はい。お知らせを受け取ります"のようなオプションには注意してください。

仕事専用のアドレスと、友人との通信専用のアドレスなど、"専用の"電子メールアドレスを使用する。

電子メールアドレスを定期的に変更する。

迷惑メール対策ソリューションを使用する。