このバージョンの新機能?

ESET Endpoint Security 9がリリースされ、ダウンロードできます

自動アップデート

  • 常に最新の製品バージョンを使用することを保証します
  • ESET Endpoint Securityの保守を最小限に抑えるためのスマートソリューション
  • 既定で有効で、Microプログラムコンポーネントのアップデートを使用しています
  • 設定転送を含む、プロセス中のシステムからの登録解除など、すべての問題のある製品は再インストールされません
  • ダウンロードするデータが少なくなります(差分アップデート)
  • ユーザーのための簡易または完全に抑制可能なの事前通知があり、管理されたネットワークに対応しています

関連付けられたエンドユーザーライセンス契約(EULA)修正

  • 新しいエンドユーザーライセンス契約は、コンソールまたはESET Endpoint Securityユーザーインターフェイスの情報要素を使用して、インストール処理とは独立して表示されます
  • 製品自動アップデートのプロセスを簡素化し、ユーザーエクスペリエンスを改善します。ESET製品が新しいバージョンにアップデートされるたび、エンドユーザーライセンス契約に同意する必要がなくなりました

総当たり攻撃保護

  • トワーク攻撃保護の再設計の一部として、総当たり攻撃保護はネットワークトラフィックの内容を検査し、パスワード推測攻撃の試みをブロックします
  • ソースIPアドレスを使用して試行を繰り返し追跡すると、ログエントリが一時IPアドレスブラックリストに登録され、状況を監視できます
  • 一定時間の後、接続が合法的な場合、ソースIPアドレスの動作を最終的にブラックリストからリリースできます
  • 大規模ネットワークで設定可能

ネイティブARM64ビルド

  • バージョン9はARM64ビルドを提供します

 

このリリースには、さまざまなバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。


ESET Endpoint Securityの新機能の詳細とスクリーンショットについては、次のESETナレッジベース記事をお読みください。