インストール (.msi)

.msiインストーラーを起動すると、インストールウィザードが表示されるので、その案内に従ってインストール処理を行ってください。


example

ビジネス環境では、.msiインストーラーが推奨されるインストールパッケージです。これは、主に、オフラインおよびリモート展開がESET PROTECTなどのさまざまなツールを使用するためです。


important

コンピュータに他のウイルス対策プログラムがインストールされていないことを確認します。2つ以上のウイルス対策が1台のコンピュータにインストールされている場合、互いに競合する場合があります。システムから他のウイルス対策プログラムをアンインストールすることをお勧めします。一般的なウイルス対策ソフトウェアのアンインストーラツール(英語および他のいくつかの各国語のもの)のリストは、ナレッジベースの記事を参照してください。


note

ESET PROTECT 8.1以降で作成されたESET Endpoint Securityインストーラーは、Windows 10 Enterprise for Virtual DesktopsおよびWindows 10マルチセッションモードをサポートします。

  1. 任意の言語を選択し、次へをクリックします。

INSTALLATION_MSI_WELCOME

  1. エンドユーザーライセンス契約を読み、[ライセンス契約条項を受諾します]をクリックし、エンドユーザーライセンス契約を承諾することを確認します。契約に同意したら[次へ]をクリックし、インストールを続行します。

INSTALLATION_MSI_EULA

  1. ESET LiveGrid®フィードバックシステムの設定を選択します。ESET LiveGrid®は、ESETが新しい侵入情報について継続的に即時通知を受けることを保証します。これによって、ユーザーの保護を強化できます。ESETウイルスラボに新しい脅威を提出するようにし、そこでこれらが解析および処理され、検出エンジンに追加されます。詳細インストール(.msi)を続行する場合は、詳細設定をクリックします。

INSTALLATION_MSI_THREATSENSE_NET

  1. 最後の手順では、[インストール]をクリックしてインストールを確認します。インストールが完了した後、ESET Endpoint Securityをアクティベーションするように指示されます。