別のサーバーへの移行後に古いERA/ESMC/ESET PROTECT/MDMサーバーを使用停止する

warning

警告

新しいESET PROTECTサーバー/MDMが実行中であり、クライアントコンピュータとモバイルデバイスが新しいESET PROTECTに正しく接続されていることを確認します。

別のサーバーにへの移行後に、古いERA/ESMC/ESET PROTECTサーバー/MDMを使用停止するときに2つのオプションがあります。

I.サーバーコンピューターのOSを保持し、再利用する

1.ERA/ESMC Serverサービスを停止します。

2.(DROP DATABASE)古いERA/ESMC/ESET PROTECTサーバーデータベースインスタンス(MS SQLまたはMySQL)を削除します。

warning

警告

データベースを新しいESET PROTECTサーバーに移行した場合は、アンインストールする前に、古いERA/ESMC/ESET PROTECTサーバーで必ずデータベースを削除し、新しいESET PROTECTサーバーデータベースからライセンスの関連付けが解除(削除)されないようにしてください。

3.古いERA / ESMC / ESET PROTECT / MDMサーバーとそのすべてのコンポーネント(ESET Managementエージェント、Rogue Detection Sensor、MDMなどを含む)をアンインストールします。

oERA 6.5のアンインストール - Windows

oESMC 7.xのアンインストール - Windows

oESET PROTECT 8.xのアンインストール - Windows

oESET PROTECTのアンインストール - Linux

important

重要

データベースに依存する他のソフトウェアがある場合は、データベースをアンインストールしないでください。

4.アンインストール後にサーバーのオペレーティングシステムの再起動を計画します。

II.サーバーコンピューターを保持する

ERA/ESMC/ESET PROTECT/MDMを削除する最も簡単な方法は、インストールされているディスクをフォーマットすることです。

warning

警告

これにより、OSを含むディスクのすべての項目が消去されます。