使用されるポート

ESET PROTECTサーバーはデータベース、ESET PROTECT Webコンソール、およびApache HTTPプロキシと同じコンピューターにインストールできます。以下の図は、コンポーネントごとに使用されるポートを示します。

ports_scheme

次の表は、ESET PROTECTとそのコンポーネントをインフラストラクチャにインストールした場合に使用されるネットワーク通信ポートを一覧で示します。その他の通信は、ネイティブオペレーティングシステムプロセス経由で実行されます(NetBIOS over TCP/IPなど)。

hmtoggle_plus0クライアント(ESET Managementエージェント)またはApache HTTPプロキシコンピューター
hmtoggle_plus0ESET PROTECT Webコンソールコンピューター(ESET PROTECTサーバーコンピューターと同じではない場合)
hmtoggle_plus0ESET PROTECTサーバーコンピューター
hmtoggle_plus0ESET PROTECT MDCコンピューター
hmtoggle_plus0MDM管理対象デバイス

* GCM (Google Cloud Messaging)サービスは廃止され、2019年4月11日付けで削除されました。FCM (Firebase Cloud Messaging)に代わりました。MDM v7は、この日になった時点で、GCMサービスをFCMサービスに置き換えました。そのときには、FCMサービスの通信を許可することのみが必要です。

必要に応じて、定義済みポート2222、2223を変更できます。

note

注意

ESET PROTECTが正常に機能するには、上記のどのポートも他のアプリケーションによって使用されていてはなりません。

ネットワーク内でファイアウォールを構成し、上記のポート経由の通信を許可することを確認してください。