Linuxでのコンポーネントインストール

ほとんどのインストールシナリオでは、コンピューターによって異なるESET PROTECTコンポーネントをインストールし、さまざまなネットワークアーキテクチャに対応し、パフォーマンス要件やその他の要求に対応する必要があります。

ESET PROTECTサーバーインストールの段階的なインストールについては、このセクションの手順に従ってください。

Linux版のESET PROTECTを最新バージョンにアップグレードするには、コンポーネントアップグレードタスクの章またはナレッジベース記事を参照してください。

 

note

注意

Fedoraでソフトウェアパッケージをインストールするには、yumコマンドではなくdnfコマンドを使用します。

コアコンポーネント

ESET PROTECTサーバー

ESET PROTECT Webコンソール

ESET Managementエージェント

データベースサーバー

オプションのコンポーネント

RD Sensor

モバイルデバイスコネクター

Apache HTTPプロキシ

Apache HTTP Proxy as Proxy for Agent - サーバー接続

ミラーツール