RD Sensorを使用してコンピューターを追加する

ネットワーク構造の管理されていないコンピューターを検索する最も簡単な方法は、RD Sensorを使用することです。 RD Sensorは、展開されたネットワークを監視し、エージェントがない新しいデバイスがネットワークに接続するときに、この情報をESET PROTECT Cloudに報告します。 RD Sensorコンポーネントは、Live Installerで展開できません。RD Sensorをネットワークに展開するには、RD Sensorのインストール手順に従ってください。

レポートの中で、コンピューターセクションに移動し、管理対象外のコンピューターレポートをクリックします。

cloud_using_rd_sensor

管理対象外のコンピューターレポートには、RD Sensorで検出されたコンピューターが一覧表示されます。RD Sensorポリシーを使用すると、RD Sensorによって報告された情報を調整できます。

RD Sensorで検出されたコンピューターをESET PROTECT Cloudに追加するには、.csv形式でレポートをダウンロードし、コンピューターのリストをインポート展開ツールでこのリストを使用します。

cloud_fs_rd_sensor_add_computer

RD Sensor検査の結果は、detectedMachines.logログファイルに書き込まれます。これには、ネットワーク上で検出されたコンピュータのリストが含まれます。detectedMachines.logファイルは次の場所にあります。

Windows
C:\ProgramData\ESET\Rogue Detection Sensor\Logs\detectedMachines.log

Linux
/var/log/eset/RogueDetectionSensor/detectedMachines.log