ESET Remote Deployment Tool

ESET Remote Deployment Toolは、ESET PROTECT Cloudによって作成されたインストーラーパッケージを配布して、ESET ManagementエージェントとESETセキュリティ製品をネットワーク経由でコンピューターにリモート展開するための便利な方法です。

ESET Remote Deployment Toolは、スタンドアロンESET PROTECT CloudコンポーネントとしてESETのWebサイトから無償で提供されています。展開ツールは小規模から中規模のネットワークで主に配布するためのもので、管理者権限で実行されます。


note

ESET Remote Deployment Toolは、サポートされているMicrosoft WindowsオペレーティングシステムのクライアントコンピューターにあるESET Managementエージェントに展開するためのものです。


important

ESET Managementエージェントは、ESET PROTECT Cloudへの正常な接続のためにあらかじめ設定されています。このため、ESET Managementエージェント設定の一部の修正のみをESET Managementエージェントポリシー経由で行うことができます。

この方法を使用してESET ManagementエージェントとESETセキュリティ製品を展開するには、次の手順に従います。

1.ESET WebサイトからESET Remote Deployment Toolをダウンロードします。

2.すべての前提条件が満たされていることを確認してください。

3.クライアントコンピューターでESET Remote Deployment toolを実行します。

4.次の展開オプションのいずれかを選択します。

Active Directory - Active Directory資格情報を入力する必要があります。このオプションには、ESET PROTECT Cloud を後からインポートするためのActive Directory構造のエクスポートがあります。

ネットワークの検査 - IP範囲を入力し、ネットワークのコンピューターを検査する必要があります。

リストのインポート - ホスト名またはIPアドレスのリストを入力する必要があります。

コンピューターを手動で追加する - ホスト名またはIPアドレスのリストを手動で入力する必要があります。


note

さまざまな理由により、展開が失敗する場合があります。 展開の問題がある場合は、トラブルシューティングの章を参照してください。