トラブルシューティング - エージェント接続

クライアントコンピューターがESET PROTECT Cloudサーバーに接続していない可能性がある場合は、クライアントコンピューターでローカルにESET Management エージェントのトラブルシューティングを実行することをお勧めします。

既定では、ESET Managementエージェントは10分ごとにESET PROTECT Cloudサーバーと同期します。

最新のESET Managementエージェントログファイルを確認します。ファイルは次の場所にあります。

Windows

C:\ProgramData\ESET\RemoteAdministrator\Agent\EraAgentApplicationData\Logs

Linux

/var/log/eset/RemoteAdministrator/Agent/
/var/log/eset/RemoteAdministrator/EraAgentInstaller.log

macOS

/Library/Application Support/com.eset.remoteadministrator.agent/Logs/
/Users/%user%/Library/Logs/EraAgentInstaller.log

last-error.html- ESET Managementエージェントが実行中に記録された最後のエラーを示すプロトコル(表)。

software-install.log - ESET Managementエージェントによって実行された最後のリモートインストールタスクのテキストプロトコル。

trace.log - 記録されたエラーを含むすべてのESET Managementエージェントアクティビティの詳細なレポート。


note

trace.logで詳細なESET Managementエージェントロギングを有効にするにはtrace.logと同じフォルダに拡張子なしでダミーファイルのtraceAllを作成し、コンピューターを再起動します(ESET Managementエージェントサービスを再起動します)。

status.htmlESET ManagementエージェントとESET PROTECT Cloudサーバーとの通信の現在の状態を示す表。ログには、HTTPプロキシ設定、適用されたポリシー(適用された除外を含む)のリスト、デバイスが属する動的グループのリストも含まれます。

ESET ManagementエージェントがESET PROTECT Cloudサーバーに接続できなくなる最も一般的な問題は、DNSが正常に動作していないか、ポートがファイアウォールによってブロックされていることです。ESET PROTECT Cloudで使用されるポートの一覧を確認してください。