前提条件

ESET PROTECT Cloudが正常に動作するには、次の前提条件を満たす必要があります。

ESET PROTECT Cloudが正常に動作するには、これらのドメインとポートをネットワークファイアウォールで許可する必要があります。

ドメイン

プロトコル

ポート

サービス/コンポーネント

説明

eba.eset.com

TCP

443

ESET Business Account

 

msp.eset.com

TCP

443

ESET MSP Administrator

 

identity.eset.com

TCP

443

ESET Identity Server

 

protect.eset.com

TCP

443

ESET PROTECT Cloud

 

eu02.protect.eset.com

TCP

443

ESET PROTECT Cloud Webコンソール

場所:欧州

us02.protect.eset.com

TCP

443

場所:米国

jp02.protect.eset.com

TCP

443

場所:日本

*.a.ecaserver.eset.com

TCP

443

エージェントとESET PROTECT Cloud間の接続

 

edf.eset.com

TCP

443

Live Installer

 

repository.eset.com

TCP

80

展開に必要なリポジトリ

epns.eset.com

TCP

8883

EPNSサービスの接続(ウェイクアップコール)

 

eu.mdm.eset.com (ヨーロッパ)

us.mdm.eset.com (米国)
jp.mdm.eset.com (日本)

TCP

443

Cloud MDM

登録

checkin.eu.eset.com (ヨーロッパ)

checkin.us.eset.com (米国)

checkin.jp.eset.com (日本)

TCP

443

チェックイン

mdmcomm.eu.eset.com (ヨーロッパ)

mdmcomm.us.eset.com (米国)
mdmcomm.jp.eset.com (日本)

TCP

443

コミュニケーション

mdm.eset.com (グローバル)

TCP

443

制限された入力のデバイス登録

 

TCP

139

ESET PROTECT Cloud Remote Deployment Tool

Remote Deployment Toolから見た宛先ポート

ADMIN$共有の使用

 

TCP

445

リモートインストール中にTCP/IPを使用して共有リソースに直接アクセス(TCP 139の代替)

 

UDP

137

リモートインストール中の名前解決

 

UDP

138

リモートインストール中の参照