セットアップウィザードの使用

Webコンソールに初めてログインするときには、ESET PROTECTのスタートアップウィザードが表示され、ESET Managementエージェントをネットワークのコンピューターに展開できます。

このウィザードでは、重要なESET PROTECT Webコンソールセクション、ESET Managementエージェント、およびESETセキュリティ製品の基本的な説明を提供します。コンピュータータスクポリシー、およびESET Managementエージェントについて説明します。

startup_wizard

ウィザードを使用しない場合は、スタートアップウィザードを閉じるをクリックします。ESET PROTECT Webコンソールが開きます。次回ESET PROTECT Webコンソールにログインするときには、ウィザードが表示されません。スタートアップウィザードを再表示するには、information ヘルプ > スタートアップウィザードをクリックします。

スタートアップウィザードの最後のステップの展開では、オールインワンインストーラーパッケージ(ESET ManagementエージェントとESETセキュリティ製品を含む)を作成できます。ウィザードを使用せずにオールインワンエージェントインストーラーを作成するには、クイックリンクセクションで他の展開オプションをクリックします。

startup_installer

important

重要

インストーラーパッケージは.exeファイルで、Microsoft Windowsでのみ有効です。

インストーラーパッケージを作成する場合、ユーザーアカウントにエージェント展開の権限が割り当てられている必要があります。ユーザーアカウントにこの権限がない場合、スタートアップウィザードは展開手順なしで表示され、ユーザーはインストーラーパッケージを作成できません。

次の手順に従い、インストーラーパッケージを作成します。

1.ライセンス (任意) - ライセンス管理で説明されている方法のいずれかを選択して、ライセンスを追加できます。既にライセンス管理に既存のライセンスがある場合は、使用するライセンスを選択し、インストール中にESETセキュリティ製品をアクティベーションします。ライセンスがない場合は、ライセンスなしでインストーラーを作成し、製品を後からアクティベーションできます。ライセンスの追加と削除は、ホームグループがすべてに設定され、そのグループのライセンスに対する書き込み権限がある管理者にのみ許可されています。

2.製品 - ESET Managementエージェントと一緒にインストールするESETセキュリティ製品を選択します。

note

注意

製品インストールファイルが表示されない場合は、リポジトリがAUTOSELECTに設定されていることを確認します。詳細については、サーバー設定詳細設定セクションを参照してください。

3.言語 - ESETセキュリティ製品インストーラーの言語バージョンを選択します。

4.[アプリケーションエンドユーザー使用許諾契約の条項に同意し、プライバシーポリシーを承諾する]の横のチェックボックスを選択します。詳細については、ESET製品のエンドユーザーライセンス契約(EULA)、利用規約、およびプライバシーポリシーを参照してください。

5.保護設定 - 設定の横のチェックボックスをオンにし、インストーラーで有効に設定します。

oESET LiveGrid®フィードバックシステムを有効にする(推奨)

o望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする-ナレッジベース記事で詳細をお読みください。

インストーラーでこれらの保護設定を定義せず、後からポリシーで設定する場合は、今すぐ保護設定を定義しないチェックボックスをオンにします。

6.クラッシュレポートとテレメトリーデータをESETに送信することに同意しない場合は、製品改善プログラムに参加するチェックボックスをオフにします。チェックボックスがオンの場合、テレメトリーデータとクラッシュレポートがESETに送信されます。

7.詳細設定を表示チェックボックスを選択した場合は、次の操作ができます。

ESET AV Remover - ターゲットデバイスの他のウイルス対策プログラムをアンインストールするか、完全に削除する場合は、チェックボックスをオンにします。

エージェント証明書を選択し、必要に応じて、証明書パスフレーズを入力します。たとえば、ESET PROTECTのインストール中にパスフレーズを指定した場合、またはパスフレーズ付きのカスタム証明書を使用する場合です。そうでない場合は、証明書パスフレーズフィールドは空欄にします。

warning

警告

証明書パスフレーズには、文字を使用できません:" \ これらの文字は、エージェントの初期化中に重大なエラーが発生する原因となります。

HTTPプロキシを使用する場合は、HTTPプロキシ設定を有効にするチェックボックスを選択し、プロキシ設定(ホストポートユーザー名パスワード)を指定して、ESET Managementエージェント接続をプロキシに設定し、ESET ManagementエージェントとESET PROTECTサーバーとの間の通信転送を可能にします。 ホストフィールドは、HTTPプロキシが実行されているコンピューターのアドレスです。 HTTPプロキシは既定でポート3128を使用します。必要に応じて、別のポートを設定できます。HTTPプロキシ設定でも同じポートを設定してください。

important

重要

エージェントとESET PROTECTサーバー間の通信プロトコルは、認証をサポートしません。ESET PROTECTサーバーへのエージェント通信の転送で使用されるプロキシソリューションと必要な認証は動作しません。

このフォールバックオプションを許可する場合は、HTTPプロキシが使用可能な場合は直接接続を使用するを有効にします。

8.完全ディスク暗号化 - 暗号化オプションは、有効なESET Full Disk Encryptionライセンスでのみ表示されます。

9.Enterprise Inspectorエージェント - ESET Enterprise Inspectorエージェントをインストーラーに含めます。 このオプションは、ESET Enterprise Inspectorライセンスがある場合にのみ表示されます。

arrow_down_business ESET Enterprise Inspectorエージェント設定を表示
 

10. インストーラーの作成をクリックします。

11. 生成されたオールインインインインストールパッケージをダウンロードします。展開するバージョンを選択します。

o32ビットバージョンをダウンロード(例: PROTECT_Installer_x86_en_US.exe)

o64ビットバージョンをダウンロード(例: PROTECT_Installer_x64_en_US.exe)

oARM64バージョン(例: PROTECT_Installer_arm64.exe)をダウンロード - x86またはx64バージョンのESET ManagementエージェントまたはESETセキュリティ製品はWindows ARM64にインストールできません。

important

重要

インストーラーはデジタル署名されていません。インストーラーのダウンロード中にWebブラウザー警告が生成され、オペレーティングシステム警告が生成される場合があります。また、未署名のインストーラーがブロックされるシステムではインストールが防止される場合があります。

12. クライアントコンピューターでインストールパッケージファイルを実行します。デバイスにESET ManagementエージェントとESETセキュリティ製品をインストールし、ESET PROTECTにデバイスを接続します。 段階的な手順については、セットアップウィザードを参照してください。 サイレントモードでインストールパッケージを実行し、セットアップウィザードウィンドウを非表示にできます。

note

注意

ESET PROTECT Webコンソールに初めてログインした後はESET PROTECTがインストールされているコンピューターで、オペレーティングシステムアップデートクライアントタスクを実行することをお勧めします。