レポートの作成

レポートの生成タスクは、以前に作成または定義されたレポートテンプレートからレポートを生成します。

新しいサーバータスクを作成するには、タスク > 新規作成 > add_new_defaultサーバータスクをクリックするか、左側で任意のタスクタイプを選択して、新規作成 > add_new_defaultサーバータスクをクリックします。

基本

基本セクションで、名前説明(任意)などのタスクに関する基本情報を入力します。 タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。
タスクドロップダウンメニューで、作成および設定するタスクタイプを選択します。新しいタスクを作成する前に、特定のタスクタイプを選択した場合、前回の選択に基づいて、タスクがあらかじめ選択されます。タスク(すべてのタスクの一覧を参照)は、タスクの設定と動作を定義します。

次のタスクトリガー設定から選択できます。

完了後ただちにタスクを実行 - このオプションをオンにし、[完了]をクリックした後にタスクを自動的に実行します。

トリガーの設定 - チェックボックスをオンにし、トリガーセクションを有効にして、トリガー設定を構成できます。

後でトリガーを設定するには、このチェックボックスをオフにします。

設定

レポートテンプレート - レポートテンプレートの追加をクリックし、リストからレポートテンプレートを選択します。タスクを作成するユーザーは、グループで使用できるレポートテンプレートのみを表示および選択できます。1つのレポートで複数のレポートテンプレートを選択できます。

電子メールを送信またはファイルに保存を選択し、生成されたレポートを取得します。

レポート配信

電子メールを送信

メールメッセージを送受信するには、サーバー設定 > 詳細設定でSMTP設定を構成する必要があります。

送信先 - レポート電子メールの受信者の電子メールアドレスを入力します。カンマ(,)を使用して複数のアドレスを区切ります。CCとBCC フィールドを追加することもできます。これらは、メールクライアントのように正確に動作します。

ESET PROTECTでは、選択したレポートテンプレートに基づいて、電子メールの件名と本文があらかじめ入力されます。メッセージをカスタマイズの下のチェックボックスを選択して、 件名メッセージをカスタマイズできます。

o件名 - レポートメッセージの件名。識別できる件名を入力し、受信メッセージを並べ替えられるようにします。これはオプションの設定ですが、空欄にしないことをお勧めします。

oメッセージ - レポートメッセージの本文を定義します。

レポートが空の場合にメールを送信 - レポートにデータがない場合でも、レポートを送信する場合は、このオプションを使用します。

[印刷オプションを表示]をクリックすると、次の設定が表示されます。

出力形式 - 適切なファイル形式を選択します。 .pdfまたは.csvを選択できます。 CSVはテーブルデータにのみ適していて、; (セミコロン)を区切り文字として使用します

note

注意

CSVを選択すると、レポートの日時値がUTC形式で保存されます。PDFを選択すると、レポートでローカルサーバー時刻が使用されます。

出力言語 - メッセージの言語を選択します。既定の言語はESET PROTECT Webコンソールで選択された言語に基づきます。

ページサイズ/解像度/用紙の向き/色形式/余白単位/余白 - 印刷環境設定に基づいて、該当するオプションを選択します。これらのオプションは、レポートを印刷する場合にのみ有効です。CSV形式ではなく、PDF形式にのみ適用されます。

ファイルに保存

相対ファイルパス - 次のような特定のディレクトリにレポートが生成されます。

oWindowsでは、一般的に、レポートはC:\ProgramData\ESET\RemoteAdministrator\Server\EraServerApplicationData\Data\GeneratedReports\にあります。

oLinuxでは、一般的に、レポートは /var/opt/eset/RemoteAdministrator/Server/GeneratedReports/にあります。

important

重要

Windowsでは、一部の特殊文字(: ? \)は保存されたファイル名で正しく解釈されません。

レポートが空の場合にファイルを保存 - レポートにデータがない場合でも、レポートを送信する場合は、このオプションを使用します。

 

[印刷オプションを表示]をクリックすると、次の設定が表示されます。

出力形式 - 適切なファイル形式を選択します。 .pdfまたは.csvを選択できます。 CSVはテーブルデータにのみ適していて、; (セミコロン)を区切り文字として使用します

note

注意

CSVを選択すると、レポートの日時値がUTC形式で保存されます。PDFを選択すると、レポートでローカルサーバー時刻が使用されます。

出力言語 - メッセージの言語を選択します。既定の言語はESET PROTECT Webコンソールで選択された言語に基づきます。

ページサイズ/解像度/用紙の向き/色形式/余白単位/余白 - 印刷環境設定に基づいて、該当するオプションを選択します。これらのオプションは、レポートを印刷する場合にのみ有効です。CSV形式ではなく、PDF形式にのみ適用されます。

トリガー

トリガーセクションには、タスクを実行するトリガーの情報があります。各サーバータスクには、最大1つのトリガーを設定できます。各トリガーは1つのサーバータスクのみを実行できます。トリガーの設定基本セクションで選択されていない場合、トリガーは作成されません。タスクはトリガーがなくても作成できます。このようなタスクは後から手動で実行するか、トリガーを後から追加できます。

詳細設定 - 調整

調整を設定すると、作成されたトリガーの詳細ルールを設定できます。調整の設定は任意です。

概要

すべての構成されたオプションはここに表示されます。設定を確認し、完了をクリックします。

タスクには、作成した各タスクの進行状況インジケータバーステータスアイコン、および詳細が表示されます。