MSPオブジェクトのタグ付け

有効なMSPアカウントをESET PROTECTにインポートする場合は、MSPオブジェクトの自動タグ付けを有効にします。 次のオブジェクトは、自動的にタグ付けされます。

MSPアカウント経由でインポートされたライセンス

インストーラー

MSP顧客設定を使用して作成されたユーザーと権限セット

 

タグは、オブジェクトのフィルタリングを改善するために使用されるラベルの形式です。自動タグ名は、ライセンスユーザーと同じです(ESET PROTECTがタグから破棄する, "文字を除くEMA 2の会社名)。同期の後でEMA 2で顧客名を変更する場合、タグは更新されません。必要に応じて、任意のオブジェクトに別のカスタムタグを追加できます。タグ付けされたオブジェクトに影響を与えずに、タグを削除できます。

expand_menu展開アイコンをクリックすると、タグタブが表示されます。

msp_tagging1