ESET PROTECT メインメニュー > ステータス概要

ステータス概要

ESET PROTECTサーバーは定期的な診断チェックを実行します。status_overviewステータス概要を使用して、使用統計情報とESET PROTECTの一般的なステータスを表示します。また、ESET PROTECTの初期設定にも使用できます。ステータス概要をクリックし、ESET PROTECTに関する詳細なステータス情報を表示します。

セクションタイルをクリックし、アクションのある右側のタスクバーを表示します。各セクションタイルには、複数の色の1つが設定されます。これは、含まれる項目の最高重要度ステータスに基づきます。

アイコン

アイコン凡例

説明

icon_success

Ok

セクションのすべての項目には問題がありません。

イエロー

validation-status-icon-warning

警告

セクションの1つ以上の項目には警告があります。

validation-status-icon-error

エラー

セクションの1つ以上の項目にはエラーがあります。.

灰色

unavailable

コンテンツは利用できません

コンテンツは、ESET PROTECTコンソールユーザーのアクセス権が不十分なため使用できません。管理者は、ユーザーが適切なアクセス権を持つ別のユーザーとしてログインできるように、追加の権限を設定する必要があります。

information

情報

接続されたコンピューターに関する質問があります(以下の質問セクションを参照)。

 

status_overview ステータス概要には次のセクションがあります。

ユーザー

別のユーザーを作成し、ESET PROTECTで異なる管理レベルを実現するように権限を構成できます。既定のESET PROTECT管理者アカウントはインストール中に作成されています。標準ユーザーアカウントとして、既定のESET PROTECT管理者アカウントを使用することは推奨されません。ローカルユーザーの追加をクリックして、新しい標準ユーザーアカウントを作成し、その既定のアカウントをESET PROTECTで使用します。

証明書

ESET PROTECTで提供されている既定の証明書以外の証明書を使用する場合は、認証局ピア証明書を個別のESET PROTECTコンポーネントに作成し、ESET PROTECTサーバーとの通信ができます。

ライセンス

ESET PROTECT はESETライセンスシステムを使用します。 クライアントコンピューターでESET PROTECTコンポーネントとESETセキュリティ製品をアクティベーションするときに使用されるライセンスを追加する方法を選択します。

コンピューター

コンピューターの追加 - ネットワーク上のコンピューターをESET PROTECT構造に追加します。 コンピューターモバイルデバイスを手動で追加するか、デバイスのリストをインポートできます。

管理対象外のコンピューターの追加 - ESET RD Sensorを使用して検出されたコンピューターを自動的にインポートします。

新しい同期タスク - 静的グループ同期を実行し、Active Directory、LDAP、VMwareなどと同期します。

モバイルデバイス

ダウンロード - MDCがインストールされていない場合は、ESETのWebサイトからMobile Device Connectorインストーラーをダウンロードできます。

モバイルデバイスの追加 - 電子メールあるいはリンクまたはQRコードを使用するか、デバイス所有者として、モバイルデバイスを登録できます。

エージェント

新しいポリシー - ESET Managementエージェントの新しいポリシーを作成して接続間隔を変更することもできます。

エージェントの展開 - 複数の方法で、ネットワークのクライアントコンピューターにESET Managementエージェントを展開できます。

製品

新しいポリシー - 新しいポリシーを作成し、クライアントコンピューターにインストールされたESETセキュリティ製品の設定を変更できます。

リポジトリの構成 - サーバー設定を変更します。

ソフトウェアのインストール - ESET Managementエージェントが展開されると、ESETリポジトリから直接ソフトウェアをインストールするか、インストールパッケージの場所(URLまたは共有フォルダー)を指定できます。

無効なオブジェクト

クライアントサーバータスク、トリガー通知インストーラーのリストと、到達できないまたは無効なオブジェクトへの参照が表示されます。‎任意の結果フィールドをクリックすると、選択したオブジェクトのリストがあるメニューが表示されます。

外部サービス

ESET PROTECTは、外部サービスに接続して完全な機能を提供するように構成できます。

リポジトリの構成 - リポジトリには、インストールタスクを使用してインストールできる他のESETセキュリティ製品のインストーラーファイルがあります。リポジトリはサーバー設定で構成されます。必要に応じて、オフラインリポジトリを作成できます。

アップデートの構成 - ESET PROTECT を最新に保つにはアップデートが必要です。アップデートは、ESET PROTECTが期限切れではないビジネス製品ライセンスをインポートした場合にのみ使用できます。サーバー設定でアップデート設定を変更できます。

SMTPの構成 - 電子メールメッセージ(例えば通知モバイルデバイス登録メールレポートなど)を送信するために既存のSMTPサーバーを使用するようにESET PROTECTを設定します。

質問

複製されたデバイスまたはハードウェアの変更がクライアントデバイスで検出されると、質問が一覧に表示されます。複製されたコンピューターについての詳細をお読みください。

MSPステータス

MSPアカウントをインポートする場合は、利用可能なMSPステータスのタイルがあります。

fs_getting_to_know_status_overview