公開鍵のエクスポート

認証局をエクスポートするには、[詳細] > 認証局をクリックします。

note

注意

証明書をエクスポートするには、証明書使用権限が必要です。詳細については、アクセス権の一覧を参照してください。

1.リストから使用する認証機関を選択し、横のチェックボックスをオンにします。

export_a_public_key

2.エクスポートオプションのいずれかを選択します。

a.アクション > export_default 公開鍵のエクスポートを選択します。公開鍵を別のESET PROTECTインストール( サーバー間の移行)にインポートする場合は、このオプションを選択します。公開鍵の名前を入力し、[保存]をクリックします。公開鍵は.derファイルとしてエクスポートされます。

b.アクション > export_default Base64として公開鍵のエクスポートを選択します。Base64でエンコードされた証明書文字列をコピーするか、ダウンロードをクリックして、エンコードされたBase64証明書をファイルとしてダウンロードできます。

export_public_key_cerf

 

important

重要

既定のESET PROTECT認証機関を削除し、新しいものを作成しても、動作しません。CAを交換するには、新しいCAで署名されたピア証明書を作成および配布する必要があります。また、サーバー設定でサーバー証明書を変更しESET PROTECTサーバーサービスを再起動する必要があります。