送信されたファイル

ESET Dynamic Threat Defenseは、これまでにない検出からの高度な保護を提供するサービスです。ESET PROTECTユーザーはクラウド環境でマルウェア分析のためにファイルを送信し、サンプル動作に関するレポートを受信できます。段階的な手順については、ESET Dynamic Threat Defenseユーザーガイドを参照してください。 ESET PROTECT Webコンソールの検出から直接リモートでファイルを送信できます。 > icon_blockedフロックされたファイルカテゴリ > icon_send_fileファイルをEDTDに送信をクリックします。

送信されたファイルウィンドウには、ESETサーバーに送信されたすべてのファイルのリストを確認できます。これらには、クライアントコンピューターからESET LiveGrid®に自動的に送信されたファイル(ESETセキュリティ製品でESET LiveGrid®が有効な場合)、およびESET PROTECT Webコンソールから手動でESET Dynamic Threat Defenseに送信されたファイルが含まれます。

送信されたファイルウィンドウ

送信されたファイルと、ファイルを送信したユーザーや送信日などのファイルに関連する情報が一覧表示されます。送信されたファイルをクリックして、ドロップダウンメニューからアクションを選択します。

details_default 詳細を表示

クリックすると、最新の送信タブを表示します。

behavior動作の表示

特定のサンプルの動作分析レポートを表示します。このオプションは、ESET Dynamic Threat Defenseに送信されたファイルでのみ使用できます。

icon_create_exclusion除外の作成

1つ以上のファイルを選択し、除外の作成をクリックして、選択したファイルの検出除外を既存のポリシーに追加します。

 

ファイル詳細ウィンドウ

ファイル詳細ウィンドウには、選択したファイルのファイル詳細が一覧表示されます。ファイルが複数回送信される場合、前回の送信の詳細が表示されます。

ステータス

マルウェア分析の結果。

不明 - ファイルは分析されませんでした。

未感染 - 検出エンジンのいずれもファイルをマルウェアとして評価しませんでした。

不審不審な可能性が高い - ファイルは不審な動作を示していますが、マルウェアではない可能性もあります。

悪意 - ファイルは危険な動作を示します。

状態

分析の状態。ステータス再分析は、結果が利用可能であることを意味しますが、さらに分析すると変更される場合があります。

前回処理日

ファイルは、分析のために何回も、複数のコンピューターから送信できます。これは最終分析日時です。

送信日

送信日時。

動作

動作の表示をクリックし、ESET Dynamic Threat Defenseから分析を表示します。これは、ファイルを送信したコンピューターにアクティブなESET Dynamic Threat Defenseライセンスがある場合にのみ有効です。

コンピューター

ファイルが送信されたコンピューターの名前。

ユーザー

ファイルを送信したコンピューターユーザー。

原因

ファイルが送信された理由。

送信先

ファイルを受信したESETクラウドの一部。一部の送信されたファイルはマルウェア分析が行われます。

ハッシュ

送信されたファイルのSHA1ハッシュ。

サイズ

送信されたファイルのサイズ。

カテゴリ

ファイルのカテゴリ。カテゴリはファイル拡張子に従わない場合があります。

ESET Dynamic Threat Defense動作レポートの詳細については、ドキュメントを参照してください。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。