ダッシュボード

ダッシュボードは、既定ページとなっており、ユーザーがESET PROTECT Webコンソールにログインした後、はじめに表示されます。ネットワークに関する定義済みレポートが表示されます。トップメニューバーのタブを使用して、ダッシュボード間を切り替えることができます。各ダッシュボードは、さまざまなレポートで構成されています。

ダッシュボード操作

追加 - add_new_default記号(ダッシュボードヘッダーの上)をクリックし、新しいダッシュボードを追加します。新しいダッシュボードの名前を入力し、ダッシュボードの追加をクリックして確認します。新しい空のダッシュボードが作成されます。

icon_move_drag移動 - ダッシュボード名をクリックしてドラッグし、他のダッシュボードに相対的な場所を変更します。

カスタマイズ - レポートの追加、既存ダッシュボードの変更、サイズ変更、移動および再調整して、ダッシュボードをカスタマイズできます。

既定に設定 - ダッシュボードを選択し、ダッシュボードの横gear_icon歯車アイコンをクリックして、既定に設定を選択し、ダッシュボードにアクセスできるすべての新しいWebコンソールユーザーの既定のダッシュボードとしてダッシュボードを使用ます。

選択したダッシュボードタイトルの横の歯車アイコンgear_iconをクリックし、ドロップダウンメニューで次のオプションを取得します。

update_default ページの更新

このダッシュボードでレポートテンプレートを更新します。

remove_default 削除

ダッシュボードを削除します。

rename_default 名前の変更

ダッシュボード名を変更します。

duplicate_default 複製

ユーザーのホームグループで同じパラメーターのダッシュボードのコピーを作成します。

レイアウトの変更

このダッシュボードの新しいレイアウトを選択します。変更により、現在のテンプレートがダッシュボードから削除されます。

note

注意

これらの既定のダッシュボードをカスタマイズできません。ステータス概要セキュリティ概要

ESET PROTECTには、4つのダッシュボードがあらかじめ設定されています。

ステータス概要

ステータス概要ダッシュボードは、ESET PROTECTにログインするたびに表示される既定の画面です(別のダッシュボードを既定のダッシュボードに設定していない場合)。ネットワークに関する一般情報が表示されます。

デバイスフィルター - 最後に報告されたステータスに基づき、管理されたデバイス数を表示します。4つのタイルをそれぞれクリックし、デバイスのフィルタリングされたリストを表示できます。

デバイスステータス - 該当するタブでインストールされたセキュリティ製品のタイプに基づき、管理されたデバイス数を表示します。グループのセキュリティ製品が展開されていない場合、タブには該当するインストーラーパッケージを展開するオプションが表示されます。

接続ステータス - 最後に接続された管理されたデバイスの一覧を表示します。

製品バージョンステータス - プラットフォームに基づき、最新および古いセキュリティ製品バージョンの比率を表示します。古いアプリケーションを表す赤色のグラフをクリックすると、インストールされたESET製品のアップデートを選択して、アップデートを開始できます。不明ステータスのESET製品がインストールされますが、バージョンは認識されていません(ESET製品の新規インストールの直後など)。

管理ステータス - 管理および保護 (ESETエージェントとセキュリティ製品がインストールされたクライアントデバイス)、管理(エージェントのみのクライアントデバイス)、管理対象外 (ESET PROTECTに認識されているネットワークにあり、エージェントがないクライアントデバイス)、Rogue (ESET PROTECTに認識されず、Rogue Detection Sensorで検出されたクライアントデバイス)。

RSSフィード - WeLiveSecurity およびEsetナレッジベースポータルからRSSフィードを表示します。RSSフィードで歯車アイコンをクリックすると、フィード自動再生をオフにするか、個別のフィードソースをオフにするか、RSSフィードをオフにすることができます。  

インシデント概要

重要度、検出方法、解決ステータス、検出がある上位10のコンピューター/ユーザーなど、過去7日間に見つかった未解決の検出の概要を示します。

コンピューター

このダッシュボードでは、保護の状態、オペレーティングシステム、アップデートの状態など、クライアントマシンの概要を説明しています。

サーバーパフォーマンスステータス

このダッシュボードでは、サーバーの負荷、問題のあるクライアント、CPUの負荷、データーベース接続など、ESET PROTECTのサーバー自体に関する情報を表示することができます。

ウイルス対策検出

ここでは、未解決の検出、直近の7日間または30日間における検出など、クライアントセキュリティ製品のウイルス対策モジュールからのレポートを表示することができます。

ファイアウォール検出

重要度、レポート時間などに応じた、接続中のクライアントのファイアウォールイベント。

ESETアプリケーション

このダッシュボードでは、インストール済みのESETアプリケーションの情報を確認できます。

Dynamic Threat Defense

ESET Dynamic Threat Defenseを使用している場合は、便利なESET Dynamic Threat DefenseおよびESET LiveGrid®レポートの概要をここで確認できます。

ダッシュボードレポートのアクション

expand_normal サイズの変更

クリックすると、レポートを全画面モードで表示することができます。

update_default 更新

レポートテンプレートを更新します。

download_default ダウンロード

ダウンロードをクリックし、レポートを生成してダウンロードします。 .pdfまたは.csvを選択できます。 CSVはテーブルデータにのみ適していて、; (セミコロン)を区切り文字として使用します

change_default 変更

テンプレートのリストから別のレポートテンプレートを選択します。

edit_default レポートテンプレートの編集

既存のレポートテンプレートを編集します。新しいレポートテンプレートを作成する場合と同じ設定とオプションが適用されます。

scheduled 更新間隔の設定

テンプレートのカスタム更新間隔を設定します。

schedule_default スケジュール

レポートのスケジュール - トリガー調整、およびレポート配信のスケジュールを修正できます。スケジュールされたレポートタブに、すべてのスケジュールされたレポートが表示されます。

remove_default 削除

ダッシュボードからレポートテンプレートを削除します。

rename_default 名前の変更

レポートテンプレート名を変更します。

このセル

このダッシュボードの新しいレイアウトを選択します。変更により、現在のテンプレートがダッシュボードから削除されます。

ダッシュボードの権限

ユーザーはダッシュボードを操作する適切な権限が必要です。ユーザーがアクセス権があるグループに含まれるレポートテンプレートのみをダッシュボードで使用できます。レポートとダッシュボードの権限がユーザーに割り当てられていない場合は、ダッシュボードセクションにデータが表示されません。管理者は既定ですべてのデータを表示できます。

important

重要

読み取り - レポートテンプレートとカテゴリを一覧表示します。レポートテンプレートに基づいてレポートを生成できます。ユーザーは自分のダッシュボードを読み取れます。

使用 - 使用可能なレポートテンプレートでダッシュボードを修正できます。

書き込み - レポートテンプレートとカテゴリを作成、修正、削除できます。

すべての既定のテンプレートはすべてグループにあります。