Rogue Detection Sensorデータベースリセット

Rogue Detection Sensorデータベースリセットタスクは、RD Sensor検索キャッシュをリセットするために使用されます。このタスクによって、キャッシュが削除され、検索結果がもう一度保存されます。検出されたコンピューターは削除されません。検出されたコンピューターがまだキャッシュにあり、サーバーに報告されていない場合に便利です。

タスクを作成するには、タスク > 新規 > add_new_default クライアントタスクをクリックするか、コンピューターで目的のクライアント デバイスをクリックし、新しいタスクを選択します。

基本

基本セクションで、名前説明(任意)などのタスクに関する基本情報を入力します。 タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。
タスクドロップダウンメニューで、作成および設定するタスクタイプを選択します。新しいタスクを作成する前に、特定のタスクタイプを選択した場合、前回の選択に基づいて、タスクがあらかじめ選択されます。タスク(すべてのタスクの一覧を参照)は、タスクの設定と動作を定義します。

note

注意

このタスクの設定はありません。

このタスクのトリガーを作成するときには、RD Sensorがインストールされているコンピューターを対象にします。

概要

構成された設定の概要を確認し、終了をクリックします。クライアントタスクが作成され、ポップアップウィンドウが開きます:

[トリガーの作成(推奨)]をクリックし、クライアントタスクターゲット(コンピューターまたはグループ)とトリガーを指定します。

閉じるをクリックすると、後からトリガーを作成できます。クライアントタスクインスタンスをクリックし、ドロップダウンメニューからrestart_default実行を選択します。

client_task_finish

タスクには、作成した各タスクの進行状況インジケータバーステータスアイコン、および詳細が表示されます。