クライアントタスク

グループまたは個別のコンピューターにクライアントタスクを割り当てることができます。作成すると、トリガーを使用してタスクが実行されます。クライアントタスクには、別のトリガーを設定することもできます。クライアントタスクは、クライアントESET ManagementエージェントがESET PROTECTサーバーに接続するときにクライアントに配信されます。同じ理由から、タスク実行結果がESET PROTECTサーバーに通信されるまでに時間がかかることがあります。ESET Managementエージェント接続間隔を管理し、タスク実行時間を下げることができます。

タスクには、作成した各タスクの進行状況インジケータバーステータスアイコン、および詳細が表示されます。

ct_drill_down

新しいクライアントタスクを作成できます

1.新しいクライアントタスクを作成するには、タスク > 新規 > add_new_defaultクライアントタスクをクリックするか、任意のタスクタイプを選択して、新規 > add_new_defaultクライアントタスクをクリックします。

2. 基本セクションで、名前説明(任意)などのタスクに関する基本情報を入力します。 タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。
タスクドロップダウンメニューで、作成および設定するタスクタイプを選択します。新しいタスクを作成する前に、特定のタスクタイプを選択した場合、前回の選択に基づいて、タスクがあらかじめ選択されます。タスク(すべてのタスクの一覧を参照)は、タスクの設定と動作を定義します。

3.[設定]セクションでタスク設定を構成します。

4.サマリーセクションでこのタスクのすべての設定を確認し、[トリガー]をクリックします。

5.トリガーの作成をクリックして、クライアントタスクのトリガーを作成するか、[閉じる]をクリックして後からトリガーを作成します。