ローカルユーザーの作成

新しいローカルユーザーを作成するには、詳細 > ユーザー > 新規追加 > 新しいローカルユーザーをクリックします。

note

注意

ユーザーを正しく作成するには、次の手順に従うことをお勧めします。

1.ユーザーのホームグループになる静的グループを決定します。必要に応じて、グループを作成します。

2.ユーザーに最適な権限設定を決定します。必要に応じて、新しい権限設定を作成します。

3.この章に従い、ユーザーを作成します。

admin_create_new_native_user1

基本

新しいユーザーの名前説明(任意)を入力します。

タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。

ホームグループを選択します。これは、このユーザーが作成したすべてのオブジェクトが自動的に含まれる静的グループです。

パスワードの設定

ユーザーのパスワードは、8文字以上である必要があります。パスワードにユーザー名を含めることはできません。

アカウント

有効 - アカウントを非アクティブにする場合を除き、このオプションを選択します(後で使用するため)。

パスワードの変更が必要 - これを選択すると、ESET PROTECT Webコンソールに初めてログインしたしたときにパスワードを変更する必要があります。

パスワードの有効期限(日) - このオプションは、パスワードが有効である日数を定義します(有効期限が切れた後にパスワードを変更する必要があります)。

自動ログアウト(分) - このオプションでは、ユーザーがWebコンソールからログアウトした後のアイドル期間(分単位)を定義します。ユーザーの自動ログアウトを無効にするには、0 (ゼロ)を入力します。

フルネームメール連絡先および電話番号を定義し、ユーザーの識別を容易にすることができます。

権限設定

ユーザーには複数の権限セットを割り当てることができます。

定義済みの権限(以下の一覧を参照)を選択するか、カスタム権限設定を使用できます。

確認者のアクセス権限設定 - すべてグループで読み取り専用権限。

管理者の権限設定 - すべてグループで完全アクセス権限。

サーバー支援インストール権限設定 - サーバー支援インストールに必要な最低アクセス権

Enterprise Inspector確認者権限設定 - ESET Enterprise Inspectorユーザーに必要な読み取り専用のアクセス権(すべてグループ)。

Enterprise Inspectorサーバー権限設定 - ESET Enterprise Inspectorインストール処理と、ESET Enterprise InspectorとESET PROTECTの間での自動同期の強化に必要な最小アクセス権(すべてグループ)。

Enterprise Inspectorユーザー権限設定 - ESET Enterprise Inspectorユーザーに必要な書き込みアクセス権(すべてグループ)。

各権限設定は、権限設定で選択される静的グループに含まれるオブジェクトにのみ権限を提供します。

権限設定がないユーザーはWebコンソールにログインできません。

warning

警告

すべての定義済み権限設定には、 静的グループセクションのすべてグループがあります。ユーザーに割り当てるときにはこれに注意してください。ユーザーはESET PROTECTのすべてのオブジェクトでこれらの権限があります。

概要

このユーザーに対する設定を確認し、終了をクリックして、ユーザーを作成します。