ESET Management エージェント展開

このセクションでは、ネットワークのクライアントコンピューターにESET Managementエージェントを展開するために使用できるすべての方法を説明します。エージェントは非常に重要です。クライアントコンピューターで実行中のESETセキュリティソリューションは、エージェント経由でのみESET PROTECTサーバーと通信するためです。

ESET PROTECT構造へのクライアントコンピューターの追加

ネットワークでクライアントコンピューターの管理を開始する前に、ESET PROTECTに追加する必要があります。次の方法のいずれかを使用して追加します。

Active Directory同期

RD Sensor

新しいデバイスを手動で追加する

ESET Management エージェント展開

ESET Managementエージェント展開には複数の方法があります。エージェントをローカルまたはリモートで展開できます。

ローカル展開 - ESET Management (エージェントとESETセキュリティ製品)を、クライアントコンピューターにローカルインストールします。

note

注意

小規模なネットワーク(最大50コンピューター)の場合にのみ、ローカル展開を使用することをお勧めします。より大きいネットワークの場合は、GPOおよびSCCMを使用してESET Managementエージェントを展開できます。

リモート展開 - クライアントコンピューターの数が多い場合のESET Managementエージェントの展開では、この方法を使用することをお勧めします。

fs_add_devices_choose_deploy