監査ログ

ユーザーがESET PROTECT Webコンソールでアクションを実行すると、アクションがログに記録されます。監査ログは、ESET PROTECT Webコンソールオブジェクト(コンピューター、ポリシー、検出など)が作成または変更された場合に作成されます。

監査ログは、ESET PROTECTで提供されている新しい画面です。監査ログには監査ログレポートと同じ情報が含まれますが、表示されたデータを簡単にフィルタリングできます。Webコンソールオブジェクトをクリックして、audit_log監査ログを選択すると、さまざまなWebコンソールのフィルタリングされた監査ログを直接表示することもできます。

監査ログを使用すると、管理者は、特にWebコンソールのユーザーが多い場合に、ESET PROTECT Webコンソールで実行されたアクティビティを検査できます。

important

重要

監査ログを表示するには、Webコンソールユーザーに監査ログ機能を含む権限セットが必要です。

auditing

監査ログの行をクリックすると、次のアクションを実行できます。

details_default オブジェクトの詳細を表示

監査されたオブジェクトの詳細を表示します。

mn_icn_user_normal ユーザー詳細を表示

オブジェクトでアクションを実行したユーザーの詳細を表示します。

audit_log 監査ログ

選択したオブジェクトの監査ログを表示します。

selected_user 選択したユーザーの監査ログ

選択したユーザーの監査ログを表示します。

time_interval 選択したオブジェクトの時間枠

選択したオブジェクトの監査ログを発生時刻の有効なフィルターで表示します。

フィルターの追加をクリックし、さまざまな条件でテーブルビューをフィルタリングします。

< = 発生-アクションが発生する前の日時を設定します。

> = 発生-アクションが発生した後の日時を設定します。

アクション -実行されたアクションを選択します。

監査ドメイン -変更されたWebコンソールオブジェクトを選択します。

監査ユーザー - アクションを実行したWebコンソールユーザーを選択します。

結果 -アクション結果を選択します。