隔離

このセクションには、クライアントデバイスで隔離されたすべてのファイルが表示されます。ファイルを駆除できない場合、ファイルの削除が安全でないまたは推奨されない場合、あるいはESET製品で誤って検出された場合、ファイルを隔離する必要があります。

note

注意

クライアントデバイスで見つかったすべての検出が隔離に移動されるわけではありません。隔離されない検出:

削除できない検出。

動作に基づき不審ではあるものの、マルウェアとして特定されない検出。たとえば、PUA

admin-quarantine

隔離されたファイルを削除するか、元の場所に復元できます。隔離されたファイルを復元して除外すると、次回以降にESET製品によって報告されないようにすることができます。

さまざまなフィルターを使用して、隔離のファイルのリストをフィルタリングできます。

2つの方法で隔離にアクセスできます。

1.詳細 > 隔離

2.コンピューター詳細 > 検出と隔離 > 隔離タブ

 

[隔離]セクションの項目をクリックすると、[隔離管理]メニューが開きます。

details_default 詳細を表示 - ソースデバイス、検出名とタイプ、オブジェクト名(完全ファイル、ハッシュ、サイズなど付き)を表示します。

icon_computer コンピューター - 隔離されたファイルがある接続されたフィルタリングされたデバイスの[コンピューター]セクションが開きます。

delete_default [削除] - 隔離と影響するデバイスからファイルを削除します。

restart_default 復元 - ファイルを元の場所に復元します。

restart_default 復元 除外 - ファイルを元の場所に復元し、検査から除外します。

upload_default アップロード - 隔離されたファイルのアップロードタスクを開きます。このアクションは、詳細を表示をクリックした後に使用できます。

important

重要

アップロード機能は上級者ユーザーにのみ推奨されます。隔離されたファイルをさらに調査する場合は、共有ディレクトリにアップロードできます。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。