ライセンス管理

ESETビジネス製品のライセンスを購入すると、自動的にESET PROTECTにアクセスできるようになります。 ESET PROTECTを使用して、メインメニューの詳細 > ライセンス管理の下で、ライセンスを簡単に管理できます。ESETが発行したユーザー名とパスワードがあり、製品認証キーに変換する場合は、「レガシーライセンス資格情報の変換」を参照してください。ユーザー名とパスワードは製品認証キー/ライセンスIDに置き換えられました。製品認証キーは、ライセンス所有者とアクティベーション自体を識別するために使用される一意の文字列です。

ESET PROTECTを使用してESETビジネス製品アクティベーションできます。

ライセンス管理の権限

各ユーザーにはライセンスの権限を割り当てることができます。権限は、権限設定が割り当てられている静的グループに含まれているライセンスでのみ有効です。各タイプの権限で、ユーザーは異なるアクションができます。

important

重要

ホームグループがすべてに設定され、ホームグループのライセンスに対する書き込み権限がある管理者のみが、ライセンスを追加または削除できます。各ライセンスは公開IDで特定され、1つ以上の単位を含めることができます。ライセンスは管理者によってのみ十分な権限がある他のユーザーに配布できます。ライセンスは減らすことはできません。

MSPアカウントをインポートするときには、すべてのライセンスが1つのライセンスプールに保存されます。プールからライセンスを移動することはできません。ライセンスプール全体は移動できます。プールを移動するには、プール > アクション > アクセスグループ > 移動を選択し、新しいアクセスグループを選択します。後からMSPアカウントを同期する場合は、新しいライセンスがプールの実際の場所に表示されます。

Webコンソールのライセンス管理

list_license_type

同じESET Business Accountユーザーまたは同じ会社のライセンスは、ライセンスプールにグループ化されます。icon_expand_arrowをクリックすると、ライセンスプールを展開し、ライセンス詳細が表示されます。

ESET Business AccountとESET PROTECTでは、各ライセンスは次の方法で識別されます。

ライセンスID

ライセンスタイプ - ビジネス(正規ライセンス)、試用版(試用ライセンス)、MSP (マネージドサービスプロバイダーライセンス)、およびNFR (nfrライセンス)です。

追加のライセンス情報:

所有者名連絡先

ライセンスユーザー名とタイプ:company_normal会社locate_default サイトmsp_customer_normal MSP顧客

ライセンス対象となるセキュリティ製品名

ライセンスのステータス(ライセンス有効期限が切れや使用超過、または有効期限切れや使用超過の危険がある場合、警告メッセージがここに表示されます)

このライセンスでアクティベーションできる単位数と、オフライン単位数。

ESETサーバー製品のサブ単位数(メールボックス、ゲートウェイ保護、接続)。

ライセンスの有効期限。

oサブスクリプションライセンスには有効期限がない場合があります。

ステータスでライセンスをフィルタリングできます。

icon_success OK - 緑

ライセンスは正常にアクティベーションされました。

validation-status-icon-error エラー - 赤

ライセンスは登録されていないか、期限切れです。

validation-status-icon-warning 警告 - オレンジ

ライセンスはすべて使用されているか、まもなく期限切れです(30日以内に期限切れ)。

icon_suspendedアクティベーション解除または一時停止

ライセンスはアクティベーション解除または一時停止されました。

exclusion古い

ライセンスは期限切れです。

アクションボタンをクリックして、選択したライセンスプールを管理します。

icon_tagsタグ

タグを編集します(割り当て、割り当て解除、作成、削除)。

add_new_default ライセンスの追加

[ライセンスの追加]をクリックして、新しいライセンスを追加するのに使用する方法を選択します。

1.ESET Business AccountまたはESET MSP Administrator - ESET Business AccountまたはEMA 2およびすべてのライセンスをライセンス管理セクションに接続します。ESET PROTECTは、ESET License AdministratorおよびESET MSP Administratorと後方互換性があるため、ESET Business Accountではなく、セキュリティ管理者認証情報を使用できます。

2.製品認証キー-有効なライセンスの製品認証キーを入力して、ライセンスの追加をクリックします。製品認証キーは、アクティブなサーバーに対して検証され、リストに追加されます。

3.オフラインライセンスファイル-ライセンスファイル(.lf)を追加して、ライセンスの追加をクリックします。ライセンスファイルが検証され、ライセンスがリストに追加されます。

所有者名列のアイコンに基づいて、ライセンスの追加方法を確認できます。icon_offline_license オフラインライセンスファイルicon_license_owner 製品認証キー、またはmn_icn_user_normal ESET Business AccountまたはESET MSP Administrator

delete_default ライセンスの管理

選択したライセンスプールを削除します。このアクションの確認が要求されます。ライセンスを削除しても、製品のアクティベーションは解除されません。ESET PROTECTライセンス管理でライセンスを削除しても、ESET製品はアクティベーションされたままです。

move_default アクセス グループ

選択したライセンスプールを別の静的グループに移動します。

update_defaultライセンスの同期

ESET PROTECTのライセンス情報をただちに更新します。ライセンスは、1日1回、自動的にESETライセンスサーバーと同期されます。ESET Business Accountを使用している場合、ESET License AdministratorまたはESET MSP Administratorライセンスは、1日1回、自動的にこれらのサービスと同期されます。

icon_open EMAを開く

ESET MSP Administratorポータルを開きます。

icon_open EBAを開く

ESET Business Accountポータルを開きます。

ライセンスプールを展開し、ライセンスをクリックして、次のアクションを実行します。アクションセットは、選択したライセンスのタイプによって異なります。

play_defaultアクティベーションでライセンスを使用する

このライセンスを使用して、製品のアクティベーションタスクを実行します。

icon_installers オールインワンインストーラーの作成

オールインワンエージェントインストーラーで選択したライセンスを使用します。

icon_tagsタグ

タグを編集します(割り当て、割り当て解除、作成、削除)。

manage_default ライセンスを管理

ライセンスがESET Business AccountまたはESET MSP Administratorから同期されている場合は、ライセンスを管理できます。

update_default ライセンスの更新

ESET Business AccountまたはESET MSP Administratorで、期限切れ、一時停止またはアクティベーション解除されたライセンスを更新します。

update_default ライセンスのアップグレード

ESET Business AccountまたはESET MSP Administratorの試用ライセンスをアップグレードします。

audit_log 監査ログ

選択した項目の監査ログを表示します。

サブスクリプションライセンス

ESET PROTECT は、サブスクリプションライセンスの管理をサポートします。 ESET Business AccountまたはESET MSP Administrator、あるいは製品認証キーを使用してこのようなライセンスを追加できます。 有効期間列のライセンス管理またはコンピューター > 詳細を表示の下で、サブスクリプションの有効期限を確認できます。 サブスクリプションライセンスからオフラインライセンスファイルを作成することはできません。

ESET Business Accountサイトのサポート

サイト間でのライセンスシートの分配など、ESET Business Accountの構造全体をインポートできます。

ESETビジネス製品のアクティベーション

次の2つのタスクを使用して、ライセンスをESET PROTECTからESET製品に配布できます。

ソフトウェアインストールタスク

製品アクティベーションタスク

ESETビジネス製品のアクティベーション解除

ESET PROTECT Webコンソールを使用すると、次の複数の方法で、ESETビジネス製品をアクティベーション解除(製品からライセンスを削除)できます。

コンピューターでコンピューターを選択し、disable_default製品のアクティベーション解除を選択すると、ESETライセンスサーバー経由で選択したすべてのデバイスから削除されます。ESET PROTECTからアクティベーションされていない場合や、ライセンスがESET PROTECTによって管理されていない場合でも、製品がアクティベーション解除されます。

note

注意

複数のESET製品(ESETエンドポイント製品とESET Enterprise Inspectorエージェントなど)がインストールされている1つのコンピューターのみを選択する場合は、個別の製品をアクティベーション解除することを選択できます。

コンピューターを管理から削除する

ライセンスのアクティベーション解除オプションで、接続していないコンピューターの削除タスクを作成します。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。

支店の管理者間でライセンスを共有する

example

3人のユーザーと管理者があり、各ユーザーには独自のホームグループがあります。

JohnSan Diego

Larry Sydney

Makio、Tokyo

 
管理者は3つのライセンスをインポートします。 これらは静的グループすべてに含まれ、他のユーザーはこれらを使用できません。

ライセンスを別のユーザーに割り当てるには、管理者は、別のユーザーに割り当てるライセンスプールの横の歯車アイコンをクリックし、アクションボタンをクリックしてから、move_default アクセスグループ > move_default 移動をクリックして、ユーザーが権限を持つグループを選択します。ユーザーJohnでは、グループSan Diegoを選択します。ライセンスを使用するには、Johnは、グループSan Diegoライセンス使用権限が必要です。

ユーザーJohnがログインすると、自分のグループに移動されたライセンスのみを表示および使用できます。管理者はLarryMakioのプロセスを繰り返します。その後で、ユーザーは自分のライセンスのみを表示できます。管理者はすべて表示できます。