ピア証明書

認証局がシステムに存在する場合は、個別のESET PROTECTコンポーネントのピア証明書を作成してください。各コンポーネント(ESET Managementエージェント、ESET PROTECTサーバー)には特定の証明書が必要です。

add_new_default 新規

このオプションは、新しい証明書を作成するために使用されます。証明書はESET Managementエージェント、ESET PROTECTサーバーよって使用されます。

add_new_defaultAPN/ABM証明書

このオプションは、新しいAPN/ABM証明書を作成するために使用されます。この証明書はMDMで使用されます。このアクションには有効なライセンスが必要です。

icon_cert_usage 証明書の使用

このESET PROTECT証明書を使用するクライアントもチェックできます。

icon_tagsタグ

タグを編集します(割り当て、割り当て解除、作成、削除)。

edit_default 編集

リストから既存の証明書の説明を編集するには、このオプションを選択します。

audit_log 監査ログ

選択した項目の監査ログを表示します。

icon_export エクスポート

このオプションは、ファイルとして証明書をエクスポートするために使用されます。このファイルは、ESET Managementエージェントをコンピューターにローカルでインストールする場合、またはMDMをインストールする場合に必要です。

icon_export Base64としてエクスポート

このオプションは、.txtファイルとして証明書をエクスポートするために使用されます。

icon_undo_default 取り消し

証明書を使用しない場合は、[取り消し]を選択します。このオプションにより、証明書が無効になります。証明書は効果的にブラックリストに追加されます。この情報は、次回の接続中にESET Managementエージェントに送信されます。取り消された証明書は、ESET PROTECTによって許可されません。

important

重要

取り消す前に、この証明書を使用しているESET Managementエージェント(または他のコンポーネント)がないことを確認してください。証明書を取り消すと、コンポーネントはESET PROTECTサーバーに接続できなくなります。有効な証明書を使用したコンポーネントを再インストールし、機能を復元してください。

move_default アクセス グループ

証明書または認証局は他のグループに移動できます。この後、このグループに対する十分な権限があるユーザーが使用できるようになります。証明書のホームグループを簡単に検索するには、証明書をクリックし、ドロップダウンメニューでmove_default アクセスグループをクリックします。証明書のホームグループはポップアップメニューの最初の行に表示されます(例:証明書のホームグループは、ポップアップメニューの最初の行に表示されます(例: /All/San Diego)。証明書の共有の詳細については、サンプルシナリオを参照してください)。

important

重要

ホームグループの証明書のみを表示できます(証明書の読み取り権限がある場合)。ESET PROTECTインストール中に作成される証明書はすべてグループにあり、管理者のみがアクセスできます。

取り消しを表示ボタンをクリックすると、すべての 取り消された証明書が表示されます。

サーバー支援インストールのエージェント証明書 - この証明書は、[証明書を生成する]オプションを選択した場合に、サーバーインストール中に生成されます。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。