権限設定

権限設定は、ESET PROTECT Webコンソールにアクセスするユーザーの権限です。Webコンソールでユーザーが実行または表示できる内容を定義します。 ローカルユーザーは、自身の権限を保持することができる一方で、ドメインユーザーは、マップされたセキュリティグループの権限を保持します。 各権限設定には適用の範囲(静的グループ)があります。[機能]セクションで選択した権限は、この権限設定で割り当てられた各ユーザーの[静的グループ]セクションで設定されたグループのオブジェクトに適用されます。特定の静的グループへのアクセス権を保有すると、サブグループすべてに自動的にアクセスできます。静的グループの適切な設定では、ローカル管理者(例を参照)の個別の支店を作成できます。

表示できない場合でも、ユーザーに権限設定を割り当てることができます。権限設定は作成したユーザーのホームグループに自動的に保存されるオブジェクトです。ユーザーアカウントが作成されるときには、作成ユーザーのホームグループのオブジェクトとしてユーザーが保存されます。通常、管理者がユーザーを作成するため、グループすべてに保存されます。

権限設定は追加して付与されます。その他の権限設定を単一のユーザーに割り当てる場合は、すべての権限設定の合計は、ユーザーに付与される最終的なアクセス権です。

複数の権限設定の組み合わせ

オブジェクトに対するユーザーの最終的なアクセス権は、ユーザーに割り当てられたすべての権限の組み合わせの結果となります。たとえば、ユーザーには2つの権限設定をもっているとします。1つはフル権限のホームグループ用です。もう1つは、コンピューターとグループの読み取り、使用権限のみを持つグループとコンピューターの権限設定です。このユーザーは、他のグループのコンピューターに、ホームグループからすべてのタスクを実行できます。

一般的に、ユーザーは、特定のグループの特定のオブジェクトタイプの権限が割り当てられている場合、別の静的グループのオブジェクトに対して、1つの静的グループからオブジェクトを実行できます。

access_group アクセスグループフィルターボタンでは、ユーザーが静的グループを選択し、属するグループに応じて、表示されるオブジェクトをフィルタリングできます。

タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。

admin_AR_permissions

important

重要

権限の操作に関する最適な方法:

サーバー設定へのアクセスは経験の浅いユーザーには絶対に付与しないでください。管理者のみにこのアクセス権を付与してください。

クライアントタスク > コマンドの実行へのアクセスを制限することを検討します。これは悪用される可能性がある非常に強力なタスクです。

管理者ではないユーザーには、権限設定ローカルユーザーサーバー設定の権限を付与しないでください。

より複雑な権限のモデルが必要な場合、その他の権限設定を作成し、割り当ててください。

ESET PROTECT機能の権限の横では、ユーザーグループへの読み取り使用書き込みアクセスを付与できます。

複製

example

オブジェクトの複製には、元のオブジェクトに対する読み取り権限と、この種類のアクションのホームグループに対する書き込み権限が必要です。

JohnのホームグループはJohn's Groupですが、Larryが作成し、自動的にLarryのホームグループLarry's Groupに含まれるPolicy 1を複製しようとしています。

1.新しい静的グループを作成します。共有ポリシーなどの名前を付けます。

2.JohnLarryの両方に共有ポリシーグループのポリシー読み取り権限を付与します。

3.LarryPolicy 1共有ポリシーグループに移動します。

4.ホームグループのポリシーの書き込み権限をJohnに付与します。

5.JohnPolicy 1複製できます。複製は自分のホームグループに表示されます。

使用と書き込みの違い

example

管理者がユーザーJohn共有ポリシーグループのポリシーを修正することを許可しない場合は、次の権限設定を作成します。

機能ポリシー:読み取りおよび使用権限が選択されます

静的グループ:共有ポリシー

これらの権限がJohnに割り当てられると、Johnはこれらのポリシーを実行できますが、編集、新規作成、削除はできません。管理者が書き込み権限を追加する場合、Johnは選択した静的グループ(共有ポリシー)内のポリシーを新規作成、編集、削除できます。