インストーラー

このセクションでは、クライアントコンピューターにESET Managementエージェントを展開するためのエージェントインストーラーパッケージを作成する方法を示します。 インストーラーパッケージはESET PROTECT Webコンソールに保存され、必要に応じて編集および再度ダウンロードできます。

icon_installersインストーラー > インストーラーの作成をクリックして、オペレーティングシステムを選択します。

icon_windows_dark Windows

インストーラーのダウンロードまたはESET Remote Deployment Toolの使用 エージェントおよびESETセキュリティ製品インストーラーパッケージでは、ESET ManagementエージェントおよびESET製品のポリシー設定、ESET PROTECTサーバーホスト名とポート、親グループの選択機能など、詳細設定オプションを利用できます。インストーラーをローカルまたはリモートで展開できます(ESET Remote Deployment Toolを使用)。

エージェントの最初の展開(エージェントスクリプトインストーラー) -このタイプのエージェント展開は、リモートおよびローカル展開オプションが適していない場合に使用できます。電子メールでエージェントスクリプトインストーラーを配布し、ユーザーに展開させることができます。また、エージェントスクリプトインストーラは、リムーバブルメディア(USBフラッシュドライブなど)から実行することもできます。

展開のためにGPOまたはSCCMを使用 -クライアントコンピューターでのESET Managementエージェントの一括展開では、このオプションを使用します。

icon_apple_dark macOS

インストーラーのダウンロードまたは送信 エージェントおよびESETセキュリティ製品インストーラーパッケージでは、ESET ManagementエージェントおよびESET製品のポリシー設定、親グループの選択機能など、詳細設定オプションを利用できます。

icon_linux_dark Linux

エージェントの最初の展開(エージェントスクリプトインストーラー) -このタイプのエージェント展開は、リモートおよびローカル展開オプションが適していない場合に使用できます。電子メールでエージェントスクリプトインストーラーを配布し、ユーザーに展開させることができます。また、エージェントスクリプトインストーラは、リムーバブルメディア(USBフラッシュドライブなど)から実行することもできます。

create_installer

インストーラーと権限

ユーザーは、ユーザーがグループとコンピューターおよび保存されたインストーラー書き込み権限があるグループに含まれるインストーラーを作成または編集できます。

既に作成されたインストーラーをダウンロードするには、グループとコンピューターおよび保存されたインストーラー使用権限が必要です。


note

オールインワンインストーラー、GPOインストーラー、またはSCCMスクリプトを作成するときには、詳細 > 初期インストーラー設定 > 設定タイプ]で選択されたポリシー使用権限をユーザーに割り当てます。

静的グループのライセンスが指定される場合は、ライセンス使用権限をユーザーに割り当てます。

ユーザーがインストーラーを作成するときには、証明書を操作できます。証明書が含まれる静的グループアクセスの証明書使用権限をユーザーに割り当てます。ユーザーがESET Managementエージェントを展開する場合、実際のサーバー証明書が署名される認証機関の使用権限が必要です。証明書と認証局へのアクセスを分割する方法については、このをお読みください。

ホームグループ - ホームグループは、現在アクティブなユーザーの割り当てられた権限設定に基づいて、自動的に検出されます。


example

シナリオの例:

現在アクティブなユーザーアカウントには、ソフトウェアインストールクライアントタスクへの書き込みアクセス権と、ユーザーアカウントホームグループ「Department_1」があります。ユーザーが新しいソフトウェアインストールクライアントタスクを作成すると、クライアントタスクのホームグループとして「Department_1]が自動的に選択されます。

あらかじめ選択されたホームグループが要求を満たしていない場合は、ホームグループを手動で選択できます。

ユーザーがインストーラーを作成することを許可する


example

管理者はユーザーJohnJohn's Groupの新しいインストーラーを作成または編集できるようにします。管理者は次の手順に従います。

1.新しい静的グループJohn's Groupを作成します。

2.新しい権限設定を作成します。

a.新しい権限セットPermissions for John - Create Installersの名前を指定

b.グループJohn's Group静的グループセクションで追加します

c.機能セクションで次の項目を選択します

保存されたインストーラー書き込み

証明書使用

グループとコンピューター書き込み

d.[完了]をクリックして権限設定を保存します

3.新しい権限設定を作成します。

a.新しい権限セットPermissions for John - Certificatesの名前を指定

b.グループすべて静的グループセクションで追加します

c.機能セクションで、 証明書使用を選択します。

d.[完了]をクリックして権限設定を保存します

これらの権限は完全(作成および編集)インストーラー使用のための最低要件です。

4.新規ユーザーの作成

a.新しいユーザーのJohnに名前を付ける

b. 基本セクションでJohn's Groupをホームグループとして選択します

c.ユーザーJohnのパスワードを設定します

d.権限 設定 セクションで、 Permissions for John - Certificates Permissions for John - Create Installersを選択します。

e.[完了]をクリックしてユーザーを保存します

admin_installers

インストーラーメニューからインストーラーをダウンロードする

1.[インストーラー]をクリックします。

2.ダウンロードするインストーラーの横のチェックボックスをオンにします。

3.ダウンロードをクリックし、(ビット数とオペレーティングシステムに基づいて)正しいバージョンのインストールパッケージを選択します。インストーラーで新しいバージョンのESET製品が利用可能な場合(ESETセキュリティ製品、ESET Inspectコネクター、またはESET Full Disk Encryption)は、ウィンドウが表示されます。エンドユーザーライセンス契約に同意し、プライバシーポリシーを承諾しますチェックボックスをオンにし、アップデートしてダウンロードをクリックして、インストーラーをアップデートしてダウンロードします。

インストーラーメニューからインストーラーを編集する

1.[インストーラー]をクリックします。

2.編集するインストーラーの横のチェックボックスをオンにします。

3.[アクション] > [編集]をクリックして、インストーラーパッケージを修正します。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。