望ましくない可能性のあるアプリケーション

グレイウェアまたは望ましくない可能性があるアプリケーション(PUA)は、ウイルスまたはトロイの木馬などの他のタイプのマルウェアほどはっきりとした意図がない幅広いソフトウェアのカテゴリです。 ただし、追加の不審なソフトウェアをインストールし、デジタルデバイスの動作または設定を変更し、ユーザーによって承認または想定されていないアクティビティを実行する可能性があります。

グレイウェアと見なされることができるカテゴリ: 広告表示ソフトウェア、ダウンロードラッパー、各種ブラウザーツールバー、誤解を招く動作のソフトウェア、バンドルウェア、トラックウェア、仮想通貨マイナー、レジストリクリーナー(Windowsオペレーティングシステムのみ)、他のきわどいソフトウェア、非合法または少なくとも非倫理的なビジネス慣行を使用し、インストールが許可されている場合に、ソフトウェアの動作を認識したエンドユーザーによっては望ましくないと考えられる可能性があるソフトウェア(ただし合法的に見える)。

危険な可能性があるアプリケーションは、合法的な(商業的な場合もある)ソフトウェアですが、攻撃者によって悪用される可能性があるアプリケーションです。 このようなタイプのアプリケーションの検出は、ESETソフトウェアのユーザーが有効または無効にできます。

場合によっては、ユーザーが、リスクよりも望ましくない可能性があるアプリケーションを使用する利点があると感じることがあります。 このため、このようなアプリケーションには、トロイの木馬やワームなどの他のタイプの悪意のあるソフトウェアと比べ、低いリスクのカテゴリが割り当てられています。

警告 - 不審なアプリケーションの検出

望ましくない可能性のあるアプリケーション - 設定

望ましくない可能性のあるアプリケーション - ソフトウェアラッパー

望ましくない可能性のあるアプリケーション - レジストリクリーナー

望ましくないコンテンツの可能性があります

example

図解手順

ESET Windowsホーム製品で望ましくない可能性のあるアプリケーション(PUA)を検査して削除するには、ESETナレッジベース記事を参照してください。

警告 - 不審なアプリケーションの検出

望ましくない可能性があるアプリケーションが検出されたら、実行するアクションを決定できます。

1.駆除/切断:アクションを終了し、システムに侵入するPUAを防止します。
Webサイトからのダウンロード中にはPUA通知の切断オプションが表示され、ディスクのファイルでは駆除オプションが表示されます。

2.無視: このオプションでは、PUAがシステムに入るのを許可します。

3.検出から除外する: コンピューターに既にある検出されたファイルを今後中断せずに実行できるようにするには、詳細オプションをクリックし、検出から除外の横にあるチェックボックスをオンにし、無視をクリックします。

4.検出から署名を除外する: 特定の検出名(署名)によって特定されたすべてのファイルが、今後(既存のファイルやWebダウンロードから)中断せずにコンピューターで実行できるようにするには、詳細オプションをクリックし、検出から署名を除外するの横のチェックボックスを選択して、無視をクリックします。同じ検出名の追加の検出ウィンドウが直後に表示される場合は、無視をクリックして閉じます(追加のウィンドウは、検出から署名を除外する前に発生した検収津に関連付けられます)。

PUA_INTERACTIVE

望ましくない可能性があるアプリケーション - 設定

ESET製品をインストールするときには、次のように、望ましくない可能性があるアプリケーションの検出を有効にするかどうかを決定できます。

hmtoggle_plus0 クリックすると、スクリーンショットを開きます

warning

警告

望ましくない可能性があるアプリケーションは、アドウェア、ツールバーをインストールしたり、他の望ましくない危険なプログラム機能を含んでいたりすることがあります。

これらの設定は、いつでも、プログラム設定で修正できます。望ましくない、危険、または不審なアプリケーションの検出を有効または無効にするには、次の手順に従ってください。

1.ESET製品を開く - ESET製品を開く方法

2.F5キーを押して、詳細設定にアクセスします。

3.検出エンジン(前のバージョンでは、ウィルス対策またはコンピューター)をクリックして、望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする安全でない可能性があるアプリケーションの検出を有効にする不審なアプリケーションの検出を有効にするから任意のオプションを有効または無効にします。OKをクリックして確認します。
 
hmtoggle_plus0 クリックすると、スクリーンショットを開きます

example

図解手順

PUAを検出または無視するように製品を設定する詳細な手順については、ESETナレッジベース記事をご覧ください。

ESET NOD32 Antivirus / ESET Internet Security / ESET Smart Security Premium

ESET Cyber Security for macOS / ESET Cyber Security Pro for macOS

ESET Endpoint Security / ESET Endpoint Antivirus for Windows

ESET Mobile Security for Android

望ましくない可能性のあるアプリケーション - ソフトウェアラッパー

ソフトウェアラッパーは、特別なタイプのアプリケーション修正で、ファイルホスティングWebサイトの一部で使用されます。 これは、ダウンロードするつもりのプログラムをインストールするサードパーティ製のツールですが、ツールバーやアドウェアなどの追加ソフトウェアもインストールします。 追加されたソフトウェアは、Webブラウザのホームページや検索設定を変更する場合があります。 また、多くの場合、ファイルホスティングWebサイトはソフトウェアベンダーやダウンロード受信者に、修正が行われたことを通知しないため、通常はオプトアウトオプションが非表示になっています。 このため、ESETはソフトウェアラッパーを望ましくない可能性があるアプリケーションのタイプに分類しています。ユーザーはダウンロードするかどうかを決定できます。

望ましくない可能性のあるアプリケーション - レジストリクリーナー

レジストリクリーナーは、Windowsレジストリデータベースで定期的なメンテナンスまたはクリーニングが必要であることを提案できるプログラムです。レジストリクリーナーを使用すると、コンピュータシステムにとってリスクとなる可能性があります。また、一部のレジストリクリーナーは、「無料のスキャン」の結果に基づいて、その利点に関する資格がないか、検証不能であるか、根拠がない主張を行ったり、コンピュータシステムに関する誤解を招くレポートを生成します。このような誤解を招く主張やレポートは、通常、支払う前にレジストリクリーナーを評価させずに、正式バージョンまたはサブスクリプションを購入するように説得しようとします。このような理由のため、ESETはこのようなプログラムをPUAに分類し、許可またはブロックするオプションを提供します。

望ましくないコンテンツの可能性があります

ESET製品でPUA検出が有効な場合、PUAを推奨するレピュテーションがあるWebサイトや、システムやブラウジング経験に否定的な影響を与える可能性があるアクションを実行するようにユーザーの判断を誤らせる評価があるWebサイトは望ましくない可能性があるコンテンツとしてブロックされます。アクセスしようとしているWebサイトが望ましくない可能性があるコンテンツに分類されたという通知を受信した場合は、戻るをクリックして、ブロックされたWebページから移動するか、無視して続行するをクリックして、サイトの読み込みを許可することができます。

hmtoggle_plus0 クリックすると、スクリーンショットを開きます

このトピックの詳細については、ESETナレッジベース記事を参照してください。