スパイウェア

このカテゴリーには、本人の同意も認識もないまま個人情報を送信するすべてのアプリケーションが該当します。スパイウェアは、追跡機能を使用して、アクセスしたWebサイトの一覧、ユーザーの連絡先リストにあるメールアドレスや、記録されたキーストロークなどのさまざまな統計データを送信します。

スパイウェアの作成者は、こうした手法はユーザーのニーズと関心に関するデータをさらに見つけ、的を絞った広告を出せるようにすることが目的であると主張します。問題は、有益なアプリケーションと悪意のあるアプリケーションとの間に明確な境界線がなく、しかも、引き出された情報が悪用されることはない、とだれも断言できないことです。スパイウェアが収集したデータには、セキュリティコード、PIN、銀行の口座番号などが含まれていることがあります。スパイウェアはフリーバージョンのプログラムの作成者が、プログラムに同梱していることがよくあります。これは、収益を上げたり、そのプログラムを購入するよう動機を与えるためです。プログラムのインストール中に、スパイウェアが含まれていることをユーザーに知らせることもよくあります。これは、スパイウェアが含まれない有料バージョンにアップグレードするよう促すためです。

スパイウェアが組み入れられている、よく知られているフリーウェア製品の例としては、P2P (ピアツーピア)ネットワークのクライアントアプリケーションがあります。SpyfalconやSpy Sheriffを始めとする多数のプログラムは、スパイウェアの特定のサブカテゴリに属します。これらは一見、スパイウェア対策プログラムに見えますが、実はそれ自体がスパイウェアプログラムなのです。

スパイウェアとして検出されるファイルがコンピューターにある場合は、削除することをお勧めします。悪意のあるコードが含まれている可能性が高いからです。