機械学習

ESETは、1990年から機械学習アルゴリズムを活用して、脅威を検出してブロックしてきました。1998年には、ニュートラルネットワークがESET製品の検出エンジンに追加されました。

機械学習にはDNA検出が含まれます。これは、機械学習に基づくモデルを使用して、クラウド接続の有無に関係なく、効果的に処理を行います。機械学習アルゴリズムは、初期段階の受信サンプルの仕分けや分類でも重要であり、受信サンプルを仮想の「サイバーセキュリティマップ」に配置します。

ESETは独自の社内機械学習エンジンを開発しました。ニュートラルネットワーク(深層学習、長・短期記憶など)の能力を組み合わせて、手動で選択した6つの分類アルゴリズムを使用します。これにより、結果が連結され、受信サンプルを感染なし、不審な可能性、悪意の可能性に正しくラベリングできます。

ESETの機械学習エンジンは、DNA、サンドボックス、記憶分析、行動特性の抽出といった他の保護技術と調和するように微調整されており、検出率を可能なかぎり高め、誤検出数を可能なかぎり低く抑えます。

ESET製品の詳細設定でスキャナーを設定する

ESET Windowsホーム製品(13.1以降)

ESET Windowsエンドポイント製品(7.2以降)