設定

ESET Server Security for Linuxの既定の設定を変更するには、設定画面に移動します。検出動作を調整したり、製品のアップデートおよび接続設定を変更したり、Webインターフェイスのパスワードと証明書を変更したりすることができます。変更を適用するには、設定画面で保存をクリックします。

要件に従ってESET Server Security for Linuxを設定し、後から使用するために設定を保存する場合(またはESET Server Security for Linuxの別のインスタンスで使用する場合)は、.xmlファイルにエクスポートできます。

ルート権限で、ターミナルウィンドウから次のコマンドを実行します。

設定のエクスポート

/opt/eset/efs/sbin/cfg --export-xml=/tmp/export.xml

設定のインポート

/opt/eset/efs/sbin/cfg --import-xml=/tmp/export.xml

使用可能なオプション

短縮型

標準型

説明

 

--import-xml

設定をインポートします

 

--export-xml

設定をエクスポートします

-h

--help

ヘルプを表示します

-v

--version

バージョン情報を表示します