ロギングとログからのルールまたは例外の作成

既定では、ESETパーソナルファイアウォールは、ブロックされたすべての接続を記録するわけではありません。パーソナルファイアウォールでブロックされた内容を確認するには、詳細レベルを診断に設定します(詳細設定 (F5) > ツール > ログファイル)。パーソナルファイアウォールでブロックしたくない項目をログで確認する場合は、項目を右クリックして、[今後、同様のイベントをブロックしない]を選択すると、ルールまたはIDS例外を作成できます。すべてのブロックされた接続のログには、多数の項目が含まれることがあり、このログで特定の接続が見つかりにくい可能性があります。問題が解決したら、ロギングをオフにできます。

ログの詳細については、「ログファイル」を参照してください。

注意: ロギングを使用して、パーソナルファイアウォールが特定の接続をブロックする順序を確認できます。さらに、ログからルールを作成すると、目的のルールを正確に作成できます。