サービススクリプト

サービススクリプトは、ESET SysInspectorを使用するユーザーがシステムから不要なオブジェクトを簡単に削除できるよう手助けをするツールです。

サービススクリプトを使用すると、ユーザーはESET SysInspectorログの全体、または選択した部分をエクスポートできます。エクスポートした後、不要なオブジェクトに削除対象のマークを付けることができます。その後、修正したログを実行して、マークを付けたオブジェクトを削除できます。

サービススクリプトは、過去にシステムの問題を診断した経験のある上級ユーザー向けです。そうではないユーザが変更を行うと、オペレーティング システムの障害を引き起こす可能性があります。

コンピュータが、ご使用のウイルス対策プログラムでは検出されないウイルスに感染している疑いがある場合は、次の手順を実行してください。

1.ESET SysInspectorを実行して、システムスナップショットを新規に生成します。
2.ツリー構造の左側のセクションで最初の項目を選択して、Shiftキーを押しながら最後の項目を選択し、すべての項目をマークします。
3.選択したオブジェクトを右クリックして、[選択したセクションをサービススクリプトにエクスポート]を選択します。
4.選択したオブジェクトが新しいログにエクスポートされます。
5.これは、手順全体の中で最も重要なステップです。新しいログを開いて、削除対象のすべてのオブジェクトの-属性を+に変更します。オペレーティングシステムの重要なファイルやオブジェクトにマークが付いていないことを確認してください。
6.ESET SysInspectorを起動し、[ファイル] > [サービススクリプトの実行]をクリックして、スクリプトへのパスを入力します。
7.[OK]をクリックしてスクリプトを実行します。