アップデート

コンピュータのセキュリティを最大限確保するためには、ESET Smart Securityを定期的にアップデートするのが最善の方法です。アップデート機能により、プログラムはウイルス定義データベースのアップデートとシステムコンポーネントのアップデートという2つの方法で、常に最新の状態に保たれます。

メインプログラムウィンドウの[アップデート]をクリックすると、前回成功したアップデートの日時、アップデートが必要かどうかなど、現在のアップデートの状態を表示できます。プライマリーウィンドウには、ウイルス定義データベースのバージョンも表示されます。ウイルス定義データベースの番号はESET製品のWebサイトへのアクティブなリンクになっており、このリンクをクリックすると、そのアップデートで追加されたすべての定義の一覧が表示されます。

自動アップデート以外に、[今すぐアップデート]をクリックしてアップデートを手動でトリガすることもできます。ウイルス定義データベースとプログラムコンポーネントのアップデートは、悪意のあるコードからの完全な保護を維持するための重要な部分です。この部分の設定や操作には注意してください。更新を受信するには、製品認証キーを使用して、製品をアクティベーションする必要があります。インストール中に入力しなかった場合は、ESETのアップデートサーバーにアクセスする際の更新時に製品認証キーを入力して製品をアクティベーションできます。

注意: ESET Smart Securityの購入後、製品認証キーは電子メールでESETから提供されます。

PAGE_UPDATE

前回成功したアップデート - 最終更新日です。最近の日付が表示されない場合、ウイルス定義データベースは最新でない可能性があります。

ウイルス定義データベースのバージョン - ウイルス定義データベースの番号。同時にESETのWebサイトへのアクティブなリンクになっています。これをクリックすると、所定のアップデートで追加されたウイルス定義がすべてリスト表示されます。

[チェック]をクリックして、使用可能な最新のESET Smart Securityを検出します。

アップデートプロセス

[今すぐアップデート]をクリックすると、ダウンロードが始まります。ダウンロードの進行状況バーとダウンロードにかかる残り時間が表示されます。アップデートを中断するには、[アップデートのキャンセル]をクリックします。

PAGE_UPDATE_02

重要: 通常の状況では、アップデート]ウィンドウに[アップデートは必要ありません - ウイルス定義データベースは最新です]というメッセージが表示されます。表示されないということは、プログラムが古くなっており、感染しやすくなっているということです。ウイルス定義データベースはできるだけ早くアップデートしてください。

上記の通知は、アップデートの失敗に関する次の2つの[ウイルス定義データベースのアップデートに失敗しました]メッセージに関連します。

1.無効なライセンス - アップデート設定で製品認証キーが正しく入力されていません。認証データを確認することをお勧めします。[詳細設定]ウィンドウ(メインメニューで[設定]をクリックして、[詳細設定]をクリックするか、またはキーボードのF5キーを押す)に、追加のアップデートオプションが示されています。メインメニューで[ヘルプとサポート] > [ライセンスの変更]をクリックして、新しい製品認証キーを入力します。
2.アップデートファイルのダウンロード中にエラーが発生しました。 - これは間違ったインターネット接続設定によるものです。インターネット接続を確認することをお勧めします(Webブラウザーで任意のWebサイトを開いてみます)。Webサイトが開かない場合、インターネット接続が確立されていないか、コンピューターの接続に問題がある可能性があります。ご利用のインターネットサービスプロバイダ(ISP)に、有効なインターネット接続があるかどうか確認してください。

PAGE_UPDATE_03

アップデートエラーの詳細については、ESETナレッジベース記事を参照してください。